とりとめがない



HELLSING 10巻

ついに、10年にわたる戦いが幕を閉じました。

HELLSING、完ッッッ!
数々の名キャラ、名言、名バトルをこれでもかと生んできた平野耕太のHELLSINGもこれで最終巻です。
HELLSINGは最後までHELLSINGのまま、すんなりと閉幕。
文句のつけようもない、良い最終巻でした。
ヒラコーおつ!

そして作者本人の「三冊出る」発言にもかかわらず一冊しかねーじゃねーかこのやろーまあヒラコーにはよくあることDA・YO・NEー。とか思っていたら、月末に「以下略」が出るらしいですよ!3冊目は黒歴史。

新連載もわりとすぐ始まるみたいだし、番外編は途中だし。
まだまだお楽しみはこれからだ!



シュレディンガー中尉とはどうやって対決すんのかなあと思ってたけどあんな使い方だとは思いませんでした。
”シュレディンガーの猫がいる”って時点でなんかおかしいなとは思ってたんだけど。
「私を倒せるのはいつだって人間」みたいな事いいながらあんなあっけなく・・・
でもそれが最後のシーンにつながるんですよね。

まさか大佐がXXだったとは。。
ミナ・ハーカーのくだりは、あーなるほどねーくらいにしか思わなかった。
エヴァンゲリオンでいうリリスとかジュラシックパークの琥珀みたいな。

最終回、ペンウッド卿の孫のシーンはこの巻一番の泣き&笑い所でした。
ちぎっては投げちぎっては投げ!
卿は本当にかっこよかった。

最後の一枚画がゴシックホラーらしくてまた良い。カバー裏表紙は言わずもがな。

作者のブログに、完結記念のおまけ漫画があるので読後は是非。

アナルvs外国人
[PR]
by kenzy87 | 2009-04-11 00:17 | マンガ | Comments(0)
<< 夏の魔物 AOMORI ROC... ヽ(゜∀゜)ノ >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧