とりとめがない



大阪ハムレット

「少年アシベ」の森下裕美さんが描く、オムニバス大阪人情劇。
アシベと同じ人が描いたとは信じられないくらい、ギャグなしシリアスのストーリー漫画になっています。
最近では映画化もして話題になりました。

この漫画は、危険。
久々に漫画を読んでボロ泣きしました。
ボロ泣きって!くそう、別に泣きたくて漫画読んでるわけじゃないのに。
あんまこういう事言いたくないのはきっと映画の宣伝とかで陳腐に「泣きました!」とかそういう文句を目にしすぎたせいだと思うんだけど。

物語は大阪を舞台にしたオムニバス形式。
基本一話完結で読みやすいんだけど、一話一話のクオリティがやたら高いです。
毎回それぞれの悩みを抱えた普通の人々が、それでも強く生きたり、逃げたり、泣いたり、笑ったり。
どの話も面白かったけど、二巻の「この世界の女王」はヤバかった・・・

めちゃめちゃ重いテーマをそれでもあまり暗くなりすぎずにサラッと読ませてしまうあたり、上手く描いてるなあと思います。
こういう漫画によくある、読み終わってから軽く凹んだりとかがありませんでした。凄い。
和み系の絵と、大阪という舞台のなせる業なんでしょうか。

f0058709_23473336.jpg
[PR]
by kenzy87 | 2009-04-21 23:49 | マンガ | Comments(0)
<< そうだ仙台に行こう! 今月の笑ったスレ >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧