とりとめがない



ARABAKI ROCK FEST. 09 一日目

春のどろんこ田植え祭りこと、ARABAKIロックフェスに行ってきました!
いやぁ、過酷だった・・・
去年のライジングのゲリラ雷雨の中のテント建ても厳しかったけど、
シトシトとやまない雨に通路や客席が泥沼となっていって、
寒さにじわじわと体力が奪われていくのがきつかった!

こまめに暖かい食べものを食べながら体を動かすことで暖をとったり、厚着のなかにホッカイロを貼ったり。
この日ほど長靴が欲しいと思った日はなかったです。

◇9:00 入場
今回、車で行った我々はP1駐車場に車を止め、そこから歩いて入場。
P1駐車場は他に比べたら一番近い駐車場なんだけど、それでも重いテントを持っての道のりは遠かった!
キャリーを持ってこなかったのを後悔。
風の草原もこの距離と考えると、これは厳しいわ・・・

会場について、テント設営。
いい加減慣れてきたのか、サクッと出来ました!やればできる!
陸奥と花笠の間くらいのいい場所!

■11:45~ THE BACK HORN(HATAHATA
久々に見るバックホーン!
雨にも負けずテンション上げていきたい所、見事に疾走系なセットリストでした!
昔のバックホーンも好きだけど、今のバックホーンもいい!

「世界を撃て」から始まり、「コバルトブルー」に「罠」に「無限の荒野」にとどめは「刃」ときた!やばい!
前列のほう、ダイバー飛ぶ飛ぶ!初っ端から泥まみれ!!
「白夜」も良かった。パルスツアー行けなかったんだよなあ。

短時間のライブにもかかわらず後半将司の声がかすれてました。どんだけ全力!!
雨がよく似合うバンドです。

バックホーンが終わった後、泥だらけになった靴とズボンを洗う。換えは無し!
下半身ビッチャビッチャのまま曽我部を見に隣の津軽ステージへ移動しようとするも、通路が完全に詰まっていて身動き取れませんでした。オーノー!

■12:55~ MO'SOME TONEBENDER(HATAHATA
曽我部は諦めモーサム待ち。
最近のモーサムは打ち込みが多く、音あわせでだいたいネタバレしてしまいます。
ラッキーフレンズ楽しみだ、、とニヤニヤ。

メンバー登場。三味線から始まるARABAKIの出囃子がカッコイイです。
武井さんが坊主!

一曲目は「ロッキンルーラー!」
やっぱかっこいい!
「SUMMERスカ?」はフェスに合う曲だけどこの状況下じゃなあ・・・
「シンクロニシティ」「Green&Gold」。グリンゴは名曲!

武井「寒いから、体動かしていこう!」

「We are Lucky Friends」。
ピースフル空間!楽しい!
最後に百々はペットボトルの水を自分でかぶって、どしゃ降りの中スライディングでんぐり返し(笑)
最初ガラガラだったけど終わり際にはギッシリでした。

■13:20~ THE NEATBEATS(ARAHABAKI
通りがかりに聴こえてきた楽しげな音に吸い込まれるように途中参加。
これまたフェスが似合うバンドですね!
ツイスト&ロックンロール!
そして関西仕込みの面白MC・・・時間短いのに、曲中までもペラッペラよくしゃべってました(笑)

Mr.PANに煽られるまま、客全体が前に後ろに左に右に!や
コールアンドレスポンスの「黒いジャンパー」やら。
最後は「BABY LET'S GET SHAKEーシェイクしようぜー」
ノリノリロケンロー最高!

■13:45~ YOUR SONG IS GOOD(TSUGARU
ついついニートビーツに捕まってしまったので途中から参加になりました。
ユアソンは問答無用でハッピーになります。
ああこれで晴れてたらもっと最高だったのになあ(´Д`)
一番辺境の津軽ステージに人が入りきらずに溢れてました。
もっと遊んでいたかったけれど、ホルモンが始まりそうだったので途中で離脱。

■14:15~ マキシマム ザ ホルモン(MICHINOKU
めんかたこってり!マキシマムザホルモン!
一曲目は最新シングルから「爪爪爪」と「F」。
面白いなぁ。人気あるだけの事はあります。

自分的にホルモンはマンネリを心配しているんですが、「リリィ」と「メガラバ」以外は初めて聴く曲ばかりでとても楽しめました!
ああでも「ブッ生き返す」は聴きたかったかも。「絶望ビリー」も・・・

とにかくファンの熱気がもの凄い!
落ちた雨が蒸発して湯気になって温泉地みたいになってました。
この後見たクロマニヨンズも湯気出てたけど、その数倍は出ていたと思う。

■14:40~ みちのくプロレス(HATAHATA
念願のみちプロ!3年目にしてやっと見れました。
サスケはやっぱりいませんでした。残念。

着いたときは一つ目のイベントがちょうど終わったあたりでした。
次に出てきたのはどうみても悪役の二人組。そのまんま「極悪兄弟ー!」と紹介されてました。
落ち武者カットで「さみぃぞオラァ!」「なに見てんだオラァ!」
・・・面白っ(笑)

そこへ「ゴォーン・・・」と鐘の音、と共に流れる般若心経。
うわーーー!!キタコレェェーーーー!!!!!
弟子っぽいかんじの小さな体のハゲ(野橋真実)を連れて、新崎人生登場!!
うわあああ!人生ーーー!!かっこよすぎる!!

試合はみちプロらしく、まったりグダグダな感じで。
だいたい、野橋を悪役二人がいじめて、たまに出てくる人生が二人まとめて叩きのめすといった内容でした。
レフェリーがわざとらしく場外に気を取られてる間にパイプ椅子で殴りかかったり、それをうまく返したり、客席を逃げまどう極悪兄弟を人生が追いかけて回ったり。
それを見ながらブーイングしたり、人生コールしたり!!楽しかった!
もちろん拝み渡りも見ました!しかも師弟ダブル!

泥まみれで流血してる野橋の頭に、落ち武者がペットボトルの水で「洗ってやるよぉぉそれそれ~」とかやっていたのは笑いました。実はいい奴!

この後がメインイベントの気仙沼二郎となんかのチャンピオンとの試合だったんだけど、人生を見れて大満足だったので会場を後にしました。

◇9mmと泉谷しげるは諦めました。体力的に大本命以外は休憩しないときつくなってきました。。

■17:00~ ザ・クロマニヨンズ(MICHINOKU
クロマニヨンズ!
最近ではなかなかフェスくらいでしか見ることがないんだけれども、
ヒロトとマーシーがステージ上で楽しそうに演奏してくれるって事に、いつもものすごい安心感を覚えます。あまりにも相変わらずなんだもの。(もちろんいい意味で)
足首まで泥に埋まってる中でも、相変わらずヒロトに沢山の元気を分けて貰いました。

「クロマニヨン・ストンプ」から始まり、「チブ」「ギリギリガガンガン」「スピードとナイフ」「エイトビート」「タリホー」!!
いやー、最高!

ヒロト「た、た、ターンク、トォーップ!」(タンクトップ姿になったマーシーを指差して)

■17:40~ 遠藤賢司&カレーライス(ARAHABAKI
エンケンは見なきゃダメだ!って増子兄ぃが言ったらしいので見に行きました。
最後の2曲くらいしか見れなかったんですが、かっこよかった!
なんてパワフルなじじいなんでしょう。
最後「わっしょいわっしょい!」と客席に飛び込んできて、思わず一緒になって大騒ぎしてしまいました。

あと、ギターとベースがフラカンの竹安さんとグレートマエカワさんでした!
この二人は本当にいろんなとこで見るな・・・
ドラムは誰だったんだろう。

■19:15~ フラワーカンパニーズ(ARAHABAKI
嗚呼、フラカンはいいなぁ・・・
すっかり日も落ちて暗くなった野外ステージがとてもよく似合います。
せつない歌詞も雨の中で聴くといっそう沁みる。

「ロックンロール終身刑」も「深夜高速」も「この胸の中だけ」も良かった!
アンコールでは「真冬の盆踊り」!
ヨッサホイヨッサホイ!
もう楽しすぎて!どうにでもなれー!

「エレカシ始まるまでには終わるからさ!」
「グッズのパーカー買ってよ!」
スケールが小さいMC!(笑)

■19:55~ エレファントカシマシ(MICHINOKU
一番大きなステージにはものすごい数のエビバディが詰め掛けてました。
野外で聴く宮本の歌はいっそう真っ直ぐ響いてきます。

新旧入り混じった名曲のオンパレードは相変わらずヤバかった・・・
「悲しみの果て」「四月の風」「今宵の月のように」。
そして「ガストロンジャー」!!
「こんなに汗をかかないライブは始めてだ!」
宮本はステージ前に出きて、バケツいっぱいの水を頭から被り「これで平等だ!!」

アンコールでは「FLYER 」「俺たちの明日」 。
さあがんばろうぜ!

数多くのフェスで見てはいるんだけど、毎回毎回感動してしまいます。なんなの。

◇書き出してみるといっぱい見たなー!
二日目に続く!



セットリストいくつか

THE BACK HORN
世界を撃て
コバルトブルー
ブラックホールバースデイ

白夜
無限の荒野


MO'SOME TONEBENDER
ロッキンルーラ
アンハッピーニューエイジ
SUMMERスカ?
シンクロニシティ
GREEN & GOLD
We are Lucky Friends

THE NEATBEATS
YAH! YAH! YAH!
HEEBY JEEBIES
BABY THAT'S ROCK&ROLL
I CAN TELL
オレに任せろ
黒いジャンパー
BABY LET'S GET SHAKEーシェイクしようぜー

マキシマム ザ ホルモン
爪爪爪
F
What's up,people?!
糞ブレイキン・脳ブレイキンリリィー
川北猿員
ロックンロールチェンソー
恋のメガラバ

フラワーカンパニーズ
ロックンロール・スターダスト
どしゃぶり地獄
終身刑
この胸の中だけ
深夜高速
YES, FUTURE
恋をしましょう
(EN)
真冬の盆踊り

エレファントカシマシ
ファイティングマン
悲しみの果て
新しい季節へキミと
ハナウタ
笑顔の未来へ
so many people
今宵の月のように
四月の風
ゴクロウサン
ガストロンジャー

桜の花、舞い上がる道を
(EC)
FLYER
俺たちの明日
[PR]
by kenzy87 | 2009-05-02 12:37 | 音楽 | Comments(2)
Commented by ベニトカゲ at 2009-05-02 19:16 x
くはー、ナイスセトリ!
過酷なフェス、お疲れさまでした。。。

そうなの、今のバックホーン良いの。
かなーりのってると思います。
今度9ミリと対バンツアーやるから是非。

ちょ、ミヤジのそのエピソード何!?
たまらないんですけど…。
水濡れミヤジ…。
行きたかったー!…過酷だったんでしょうけども^^;;
Commented by kenzy87 at 2009-05-05 17:30
読んでいただいてありがとうございます!
過酷でしたよ!まあ晴れたら晴れたで砂ぼこりキツイですし、これも野外フェスの楽しみの一つです!
それより何より、時間被りで見たいの見れなかったほうがきつかったです。
バックホーンとキュウミリとはアツいですね!行こうかな・・・!
<< (´;ω;`) 以下略 >>


おことわる!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧