とりとめがない



ARABAKIROCK FEST10 一日目

宮城県は「エコキャンプみちのく」で毎年開かれているARABAKIロックフェスに行ってきました!
記念すべき10回目となる今回はいつも以上に豪華なメンバー、増えたステージ、遠くなったテント・・・!

おかげで今までになくタイムスケジュールが難しかったです。
広くなった会場を時間目いっぱい駆けずり回ってすら、かなりの本命を諦めざるを得ませんでした。
しかも、一部ステージで開始時間が押して大幅に計画が狂ったり。ひー!もうばか!

雨に見舞われることの多かったアラバキですが、今年は快晴!吹く風が気持ちよい!
しかも桜が!満!開!(ドンッ)

◇13:20 OKAMOTO'S ARAHABAKI
スクービーとサニーデイは時間が取れなかった為あきらめ、到着~テント設営後やっと見れたのはオカモトズ!
ボーカルのギラギラした目と動き、クールな装いのメンバー。
演奏はわりとスタンダードなロックンロールでしょうか!
ルースターズの「恋をしようよ」のカバーも飛び出したり。
格好よかったです!

最近こういった、時代が一周してストレートなロックンロールを鳴らすバンドが増えてきてますね。いい傾向!
ちょっと前のエモとか眼鏡ロックばかりって状況はあまり健全じゃなかったと思います。

◇14:10 monobright ARAHABAKI
ポッカリ空いた時間に、ご飯を食べながらmonobrightを聴いていました。

あれ?なんだこれ!すごくいい!!

すぐ上に眼鏡ロックが・・・とか書いておいてなんですが。
良いよ!モノブライト!
A!B!K!って叫んでたけど、AraBaKiって事だったんですね。
ゆるいノリでMCを挟みながら演奏するmonobright、面白かったです。

最後の曲がすごく良かった!踊る脳!
ギシャったりうねったりするギター!

変態っぽいところがちょっとフジファブリックっぽいかも。
一発で気に入っちゃいました。今回一番の収穫!

◇15:10~ PE'Z ARAHABAKI
PE'Z!ヒイズミマサユ機ー!!!
スカパラやなんかより、やや大人の感じがするインストバンドです。
ホーンバンド・・・と呼ぶにはキーボードがカッコよすぎるのです。
新曲を多めにやってくれました。良かったです!

◇16:00 KING&PRINCE(YO-KING&堂島孝平) TSUGARU
プレデターズが始まるまでの間に少しだけ見るつもりでフラっと立ち寄ったら、やたら面白かったです。
ゆるい掛けあい、漫才のようなMC。
ユニットオリジナルの曲「空と緑の気まぐれサラダ」、さわやかな曲が始まったと思ったら歌詞がひたすら「空と~緑の~気まぐ~れサ~ラ~ダ~」だけwww
「海外のバンドがバンド名見て失笑していた」「KING&PRINCEって親子じゃん、中のぞいたらおっさんが二人だもんね」
二人の爽やかな歌声が晴れた野外によく合います。
少し見て移動したんですが、もっと見たかったな。

◇16:30~ THE PREDATORS HATAHATA
会場に着いたら前のバンドが時間押しまくっていたようで・・・20分ほど送れてスタート。
新生プレデターズちゃん!ちゃんは余計だ。

いつものツノ帽子をかぶって出てきたさわおさん。なんだかpillowsの時よりイキイキして見えます。
Lust Huntingに、LIVE DRIVE・・・
カッコつけてるだけあって、やっぱりカッコいい!
新しいドラムの高橋さんが結構ガシガシ叩く人で安心しました。

ムスタング・ヒッピーの出だしで演奏間違えたさわおさん。
さわお「いや、、聞いてくれよ、今日さ、牛が俺を見てモーって言ったんだよ・・・」
JIRO「関係ないっすねww」
さわお「緊張するわー、だって今日シンペイ君が見に来てるんだよ」

pilowsと違って、客の声援が黄色かったのが印象的でした。
HiGEをどうしてもフルで見たかった為、3曲だけ聴いて泣く泣く移動。
この先、このステージの遅れにじわじわ泣かされる事になる・・・

◇17:20~ HiGE ARAHABAKI
今回一番の本命でした!
少し前までなんだかパッとしないなあと思ってたら、新メンバー加入にテキーラ!テキーラ!とみるみる面白いことになっていったHiGEちゃん。今、髭がアツい!!

新メンバーの會田さん、どセンター!?
正直6人になって音が変わった!ってのはそれほどわからなかったけど、これからアレンジも増えたりどんどんカッコよくなっていくのでしょうか。

まさかの「なんとなくベストフレンド」から始まり、フェスらしく「5人の囚人」。
と思ったら、ミドルテンポの新曲2曲、DIY、ハリキリ坊やのブリティッシュジョーク。
マイペースだなあ。下手するとグダグダになるけど、この時はそうはなりませんでした。
青空がとても似合っていて、心地よい音に包まれて。
こういう曲こそHiGEの真骨頂なんですよね。

「今日は最高だね」
「アラバキにはいつもいい思いをさせてもらっています」

ラストは「テキーラ!テキーラ!」と「ギルティーは罪な奴」でばっちり決めてくれました!
ああこれは中毒る・・・ギルティーのときのコテイスイの変な動きがたまらなかったです

會田さんってロザリオスにも参加してるんですね。そちらも見たかった。

◇17:40~ ザ・クロマニヨンズ HATAHATA
ハタハタステージの時間が押していたためにフルで見ることができました。でかした!
クロマニヨンズについていまさら何を語ればいいのか。うん、いつも通りでした。
いつも通りの安定感で安心して楽しめます。
紙飛行機とか、グリセインクイーン、スピードとナイフ、エイトビート。
最初は激しい曲ばかりだと思っていたクロマニヨンズもいつの間にか聞かせるいい曲が増えたものです。そういえばくじらなわとチブをやりませんでした。

◇18:50~ BOOM BOOM SATELLITES HATAHATA
ブンサテ。予定ならこれを見てからUAに移動するはずだったのですが、大幅な時間押し。。ブンサテを最後まで見るとUAが後半しか見れない・・・UA諦めてブンサテ最後まで見るとBirthdayを全部見れる。悩んだ末Birthday取りました。

もうあたりはすっかり夜。夜桜がピンクに妖しく咲いています。
ものすごいスモークと、照明!なんというステージ映え!
カッコよかったなあ・・・ダンサブルすぎる!
アンコールまで!

◇20:40~ The Birthday BAN-ETSU
グレイプバインをさらりと見た後、一番遠いバンエツステージへ。
BirthdayってRSRでもはじっこステージが多いんですよね。
この、ロマンチスト!

「ロックンロール、アラバキ!」

昼間は快晴で暖かかったとはいえ、東北の5月。夜はかなり冷え込みました。
バンエツステージは、小さめのステージと客席の後ろに、だだっ広い草原が広がっています。
草原はかなりの人で埋め尽くされていましたが、すこし坂になっていて、ステージがとてもよく見えました。
所々で人の密度が濃い所ではドラム缶で薪を燃やしていました。
チバは星が見えないといっていたけれど、後ろのほうだと明かりもあまりなく、星が見えました。

白い息を吐きながら歌うチバ。
なんだ、完璧じゃないか・・・
星空の下、やや遠目から見ていたのですが、なんだか状況が素敵過ぎて涙がほろほろ・・・
カレンダーガール、愛で塗りつぶせ、涙がこぼれそうが良かったです。

そしてアンコール!
「まだ足りないよなぁ!」とNude Rider!!
ラッタッタッタタラッタ!うわあい!

ラストはSUPER SUNSHINE。カモ~ン・・・カモ~ン・・・を聞きながら会場を後にしました。

◇22:40~ DAD MOM GOD×大沢昌史 HANAGASA
元・スカパラの冷牟田さんのバンド!ウエノコウジがベースを担当。
途中まで気づかなかったけど、ドラムが元ルースターズ・・・というよりはJUDEの池畑さん!?
トランペットがSOIL&“PIMP"SESSIONSのタブゾンビ・・・とすごいバンド。
カッコよくないわけが無い。

聞き覚えのあるシャウト、バリブリの低音ベース、久しぶりに見る池畑ドラム。
スカパラの曲も何曲かやっていました。ひたすらカッコいい。カッコよすぎです。
これは、渋いというより・・・悪い!

◇へろへろになりながらテントに戻り、就寝。
もう足がスティック!休足時間を貼って寝ると足の疲れがかなり取れます。

続く!



セットリストいくつか

monobright
英雄ノヴァ
真夏のデストロイ
SGS ~tamageta ver.~(ABK-荒吐ver.)
JOYJOYエクスペリエンス
踊る脳

PE'Z
LA YERROW HEAD
collective mode
サクラロード
新曲
woo-ha!
くらむちゃうだー
新曲(i want you)
1・2MAX

THE PREDATORS
Lust Hunting
Sleepy Dragon
LIVE DRIVE
ムスタング・ヒッピー
SHOOT THE MOON
トリップロック(新曲)
Dizzy Life
爆音ドロップ
WILD TIGER

HiGE
なんとなくベストフレンド
ロックンロールと五人の衆人
サンシャイン
青空
D.I.Y.H.I.G.E
ハリキリ坊やのブリティッシュジョーク
テキーラ!テキーラ!
ギルティーは罪な奴

ザ・クロマニヨンズ
クロマニヨン・ストンプ
キラービー
ギリギリガンガン
鉄カブト
グリセインクイーン
紙飛行機
スピードとナイフ
エイトビート
タリホー

BOOM BOOM SATELLITES
Back On My Feet
Morning After
Dig The New Breed
Moment I Count
Kick It Out
en
Easy Action

The Birthday
FREE STONE
カレンダーガール
ダンスニスタ
GILDA
ビアノ
ディグゼロ
愛でぬりつぶせ
涙がこぼれそう
~ec~
Nude Rider
SUPER SUNSHINE
[PR]
by kenzy87 | 2010-05-11 14:39 | 音楽 | Comments(0)
<< ARABAKIROCK FES... ARABAKIから帰宅。 >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧