とりとめがない



怒髪天 in 新木場COAST

怒髪天のニューアルバム「オトナマイト・ダンディー」の全国ワンマンツアー、そのファイナル公演に行ってきました。
会場は新木場コースト!ちょっと大きめの会場、始まる頃には客がビッシリ!!すごい!

登場SEは今回も侍スピリッツのエンディングと違う曲でした。
最近そういう趣向なのでしょうか。いつもあの手拍子でスイッチを切り替えてたのでなんだか落ち着かない。。なんてことは無かった。

そーれ、いっちにいさんし!のヤケっぱち数え歌。さすがは客をノせるのに定評のある怒髪天・・・!一曲目から大盛り上がり。
夕暮れ男道!花も嵐も踏み越えて!ウンガラガッタ!労働CALLINGとガンガン飛ばします。

この日の怒髪天は・・・わりと真面目な怒髪天でした。
いつもの面白MCも少なめで、次から次へと繰り出す本気ソング。
はじまりのブーツは良かった・・・何度聴いても泣かせます。

「バンドなんて、いい時もあれば、悪いときもあるのはわかってる。俺ら今までずっと低空飛行だったけどな(笑)でも、そんな中でどうしても忘れられない日、その日のことを思い出して頑張ろうって思えるような日がある。それが、今日だ。」

新曲の「真夏のキリギリス」、懐メロカバーの「夏のお嬢さん」も披露。
なんだかニューアルバムといいこのシングルといい昭和歌謡ブームな怒髪天?
そんな怒髪天も面白いです。
そりゃあ漢と書いておとこと読む、握りコブシな怒髪天が好きだけどね!
それはそうと、若い女の子達が「夏のお嬢さん」の振り付けを知っているのに驚きました。

定番曲がやや少なめで新旧いろいろやってくれた今回。
後半は「情熱のストレート」「酒爆」「オトナノススメ」「我が逃走」といった流れ。
フロアーの空気がかなり薄くなってるのを感じました。楽しいがきつい!!

アンコールは星に願いを!スポットライトの下祈るように叫ぶ兄ィ。
NO MUSIC NO LIFE ではもう定番となった、「音楽の無い人生なんて お前らのいない新木場みたいだ!!」!!
「最後だってのに、こんなバカな曲でしめていいのか」と「セバ・ナ・セバーナ」。
「またな!すぐ会おう!その日までちゃんと生きてろよ 約束だぜ!」
ものすごい盛り上がりと同時に、こんな単純なメッセージが泣けてしょうがないのは何故・・・(;д;)

そして二回目のアンコール。裸足で出てきた兄ィ。
「本当ありがとう。俺は、、どうすれば一対1000とかじゃなく、お前らと一対一になれるか考えた。お前、名前なんていうんだ?名前言え!」
客席から湧き上がる名前、名前・・
「そうか。俺達は・・・怒髪天だ!!」
「今から全て出し切るから、全部おいていくから、受け取れ!それで、満タンになっても時間が経つと減ってくるから、そしたらまた来い!」

「ド真ん中節」を全身から搾り出すように絶唱!!
いつもこの歌のあとはフラフラになるけれど・・・この日の消耗はいつも以上のようでした。
鳴りやまない拍手の中、ぐったりと座り込む兄ィ。しばらく経ってからフラフラと立ち上がり「全部届けたぞ!」
なんとかかんとか退場したあともしばらくの間は拍手が鳴り止みませんでした。

怒髪天の本気を見た!(もちろんいつも本気だとは思うけど)
すごかった!そんなライブでした!

2010.7.5 怒髪天 オトナマイトダンディツアー in 新木場COAST セットリスト
1.ヤケっぱち数え歌
2.夕暮れ男道
3.労働CALING
4.俺ときどき…
5.ふわふわ
6.不惑inLIEE
7.GREAT NUMBER
8.はじまりのブーツ
9.旅路
10.男は胸に…
11.オレとオマエ
12.夏のお嬢さん
13.真夏のキリギリス
14.情熱のストレート
15.酒燃料爆進曲
16.オトナノススメ
17.我が逃走
(EN)
18.星に願いを
19.喰うために働いて生きるために唄え!
20.NO MUSIC NO LIFE
21.セバ・ナ・セバーナ
(EN2)
ド真ん中節
[PR]
by kenzy87 | 2010-07-05 20:38 | 音楽 | Comments(0)
<< 賢い犬リリエンタール、ごぼうむ... POLYSICSが活動を再開! >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧