とりとめがない



エマ (7)(完結) 森薫

コミックビームで連載されている、メイドさんの漫画です。
メイドさんの漫画といっても「萌えー」とかじゃない、
19世紀末、ビクトリア王朝時代の英国の物語です。
この時代の英国ってえとあれですよ。シャーロック・ホームズとかがブイブイ言わしていた時代ですよ。
デスコでフィーバー!ヘイ、ワトソン君ノリ悪いズェ?そんなホームズやだ。
あとはアガサクリスティとかH・G・ウェルズとか。ディケンズとかサキもかぁ。
うはーー大好きだぁー英国紳士ーー(´▽`)
日本だと明治時代らへんですか。あーこれもイイよねうん・・・ってエマ全然関係ないですね。

とにかくそんな時代を描いてる漫画なんだけども。
この人の描く絵がすごく魅力的。
空気というか、ふんいき(何故か変換できない)がすごくいいです。
背景とか、背景とか。ものすごい丁寧で細かいし。
ジャンルで言ったら恋愛漫画なんですが、
メインの物語よりも、何気ない日常だとか、会話のシーンだとか、脇役の動きだとか、
そういう所が妙に生活臭くて面白いー!
なにより作者が自分の大好きなテーマで描いているから、細かい所とかに対するこだわりがすごい。
巻末のあとがきを読むと、尋常じゃない入れこみ具合が伝わってきて笑えます(笑)

そんな漫画もこの7巻で最終巻。
ストーリーから考えると7巻は長すぎる気もするけど、
横道に逸れてナンボの漫画だったりもするし。いい巻数だったと思います。
というか、7巻を見終えた後に1巻を読み返したんですが、昔に比べるとあまりに絵が上手くなっていて驚き。
髪の毛とか服のしわとか、描き込み細かすぎですから!

こっから7巻の感想をネタバレありで。
6巻の終わりではもう、どうなることかとハラハラしたものですが、何とかなってよかった。。(´Д⊂
最終話の冒頭、先生から始まるってのが泣かせます。最初っから考えてたんでしょうか。
アルさんいいとこ持ってくなぁ・・・
ラストはもう、、「俺たちの戦いはこれからだ!」みたいな。いい意味で。

※ここまで

最初から最後までクオリティの高い、いい漫画でした。

そういや身分違いの恋で思い出したのが、蟲師の「天辺の糸」なんですが、あれもいい話でした。
「エマ」ってメインストーリーだけなら1話だけでも十分足りちゃうような話だよなぁと、アレを見てちょっと思tt。
[PR]
by kenzy87 | 2006-05-24 23:31 | マンガ | Comments(0)
<< 続エマ 片手にピストル 心に花束 唇に... >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧