とりとめがない



ロマンはどこだ

劇場で見そこねていた「陽気なギャングが地球を回す」をやっと見ることができました。
同じ銀行強盗もののオーシャンズ12はすげえつまらなかったんだけど、これは面白かった!

伊坂幸太郎原作のこの映画は、嘘を見抜く男、精密な体内時計を持つ女、演説の達人、スリの天才という、それぞれ特殊能力を持った4人組の銀行強盗のお話。
派手なスーツに身を包み、演説をかましつつ、サッと奪ってパッと立ち去る。
か、かっこいい!!
この設定だけでご飯3杯はいけそうです。

原作通りの明るいノリで、スピーディーな割に寸詰まり感もなく、原作と全然違う展開にドキドキ。
ショボめのCGも、漫画っぽいコミカルさが出ていて、好印象。

何と言っても響野役の佐藤浩一が良い!演説シーンは最高でした。
主演の大沢たかおは期待していたほどでもなかったです。無難なかんじ。

残念だったのは、肝心のオリジナルストーリーがイマイチだった事。
原作を越えようとする意気込みや良しなれど、それが空回りしてしまったといった所でしょうか。
原作が一分の無駄もない完璧な作品だっただけに粗が気になる気になる・・・

肩の力を抜いて気楽に見るといいと思いました!

f0058709_150163.jpg



以下ネタバレ

正直、原作と違った展開に持っていったんなら、原作のネタバラシはしないで欲しかった。
そしたら後から原作も楽しめて2度おいしかったのに勿体無い、って思うのは貧乏性ですか。

それとやっぱりあの終盤のオリジナル展開はスッキリしません。
あの銀行員のせいでどうにも成瀬の計画通りになってないってのがなんとも。。
原作のラストにしとけば絶対綺麗に終われたのになぁ。
結果オーライ、じゃあロマンが足りないと思う。

エピローグは良かったです。メキシコー!!
スタッフロールの最後の最後まで余す事無く楽しめたのでなんだかお得な気分でした。
[PR]
by kenzy87 | 2006-11-06 01:22 | 映画
<< 12月の気になる漫画 これなんてコント? >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧