とりとめがない



怒髪天 「嗚呼!花の東京十六年生」 in 渋谷O-WEST

怒髪天、全国ワンマンツアーのセミファイナル!
東京O-EAST 2daysの一日目に行ってきました。

ファイナルはまあ大体の予想が付くけどセミファイナルは何をやるんだろう?
と思っていたのですが、この日は怒髪天が東京に出てきて16年目の記念日だったそうで、
「嗚呼!花の東京十六年生」と題し普段は絶対にやらないような曲ばかり演るマニアックデーでした。

さすが社会人に優しいバンドだけあって開演は20時と遅め。
普段からMCが多い怒髪天ですが、この日はいつもに増して喋る喋る(笑)
さすが「口から生まれてきた」増子さんの本領を発揮してました。
ツアーであった出来事とか、昔のこととか色々話してくれて、面白かったです。
そんな中いきなり演奏が始まって、やっと自分がライブにきてたことを思い出すみたいな(´∀`)

曲は初めて聴く昔の曲ばかりで楽しかったです。
「愛の嵐」はずっと聴きたかったのですごく嬉しかった!
「五月の雨」の昭和っぽいメロディーも渋かったなあ・・

覚えてるMC
・今の曲はこの中で3人くらいしかわからねえんじゃねえかな
・こんな俺たちの我侭にこんな沢山集まってくれて本っ当ありがとう!
・坂さんは一定の時間がたたないと喋れないような仕組みになってます
・今回のツアー中、ホテルのお湯が出なかった話。「いっくら回しても出ねえんだ!キコキコキコ・・・紀子様!!・・・ロイヤルギャグでした」
・昔、坂さんが木の上に上ってマンガみたいに落ちて骨折した話。「誰がどうみてもわかるでしょ!これが木に登ったらどうなるか。ミシミシー!っていってたからね」
・その後骨折したままライブをおこなった話。「一回終わった後、痛くて楽屋に戻れないから、ドラムの裏に隠れてるんだ、んでアンコールのときヌーっと出てきた(笑)」
・大阪で、坂さんがファンから貰ったカブリ物の帽子をつけて登場したら思いっきり滑った話(笑)「客席シーンとしちゃってさ、この歳であれは堪えるよなー!」

告知のコーナーでは坂さんが手元の紙を読みながらグダグダに告知してくれたんですが、
マジックででっかく書いた文字がが裏から透けて丸見えで、、面白すぎました(笑)

「ビール・オア・ダイ」では大阪でやった特別バージョンをやってくれました。
「楽屋戻ったらさぁ、騒音寺のNABE君が勝手に歌詞書いてんだもんよ」

ピカピカピカリ スポットあびて 今日も俺たちゃ 飛び跳ねる
楽屋に戻り ギターを置いて 今日も一日 おつかれさん!

NABEさんいい仕事・・・
その後の酒燃料もいわずもがなの盛り上がり。

みんなからも何か一言ずつなんか、の場面では
坂さん「えー・・・あー・・2daysソルドアウトということでーありがたいことでー」(なんかグダグダ(笑))
シミさん「みんなの笑顔が大好きです」(坂さんも勉強しなさい、と兄ぃ)
友康さん「全国ツアー、ライブが沢山あって大丈夫か?と思ったけど、やればできるもんだなあと思いました。」

アンコールでは坂さんがドラムを叩きながら一人一人呼び込んでくれて、かっこよかった!
ほんと、ドラム叩いてればカッコいいんだよなあ(笑)
その後、大阪で滑ったという帽子も披露してくれたんですが、ドピンクのツノ付き・・これは・・似合わなさ過ぎるwww

アンコールの「生きててイイですか?」も楽しかった!!
そして大盛り上がりのうちにいったんはけたあとのアンコール2回目、ラストは「サムライブルー」でした。
笑って騒いで、しんみりして、、
大満足でした!

2007.5.30 怒髪天ツアーファイナル2Days、一日目「嗚呼!花の東京十六年生」 in 渋谷O-WEST セットリスト
俺流
夕暮れ男道
ロクでナシ
待男
愛の嵐
NCT
It's So Bad
ナラクデサカバ
五月の雨
青嵐
情熱のストレート
ビールオアダイ
酒燃料爆進曲
(EN)
流れる雲のように
宿六小唄
生きててイイですか?
(EN2)
サムライブルー
[PR]
by kenzy87 | 2007-06-03 15:55 | 音楽 | Comments(0)
<< POLYSICS カラテハウス... 髭 The date of “... >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧