とりとめがない



TRIGUN完結

あまり積極的にこの漫画の事は言わないようにしています。
どうしても好き嫌い分かれる漫画だと思うので。
でも最後くらいなんか書いてもいいかな、と思いました。

いかにも一般受けしなさそうな、アメコミを意識したゴチャゴチャわかりづらい絵、ストーリーを忘れるくらい遅い展開。
それでいてあまりにもカッコよすぎるオリジナル(馬鹿)銃火器の数々、熱い男達の生き様、死に様。躍動感あふれるアクション。絶望ばかりの砂の惑星で、希望を捨てずに生きる人々のドラマ。
西部劇SFガンアクション漫画というわけのわかんないジャンル。
トライガンマキシマム1巻のウルフウッドのパニッシャーを一目見て以来、大ファンでした。

北斗の拳並みにバイオレンスに満ち溢れた世界で、不殺を貫く一人のガンマンの、
長い長い闘いの旅。

雑誌ではけっこう前に終っているので、正直いまさらな感じもありますが、
長い間ファンだった作品が終るのは、感慨深いものがあります。
12年だもんな。。

なんでも次はアニメ映画化が決定しているそうです。
それもいいけど自分はやっぱり漫画家・内藤泰弘さんの新作が読みたい。
どうもここの所すっかりオモチャ方面の人になっちゃってるみたいなので。
[PR]
by kenzy87 | 2008-03-19 19:55 | マンガ | Comments(0)
<< 歌おうデイジーデイジー ”LIVE FOREVER”T... >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧