とりとめがない



”LIVE FOREVER”The last waltz of Syrup16g in 日本武道館

Syrup16gというバンドの最後のライブ。
とうとうその日は来てしまいました。

武道館は想像していたよりずっと小さくて、ステージがすごくよく見えました。
これなら2階席や3階席の人もよく見えたと思います。いい会場じゃないか!
このスペースに1万人以上が入るなんて最初は信じられなかったけど、
始まってみると側面全体がぐるっと人で埋め尽くされていて、赤い照明に照らされた沢山の顔が正直ホラーでした(笑)

NHKの時もそうだったんですが、この日は演奏の気合の入りようがすごかった。
それはNHKの時以上に。
なんでも中畑さんは途中叩き過ぎてスティック折れたとか、頭でドラムを叩いたとか(!?)手で叩いていたとか。マキリンの動きもいつもになく激しかったし、五十嵐のギターボーカルも鬼気迫るものがありました。

最初の一曲目は"きこえるかい"でした。これにはすっかり意表をつかれた。
てっきりニセモノとかがくると思っていたのに。穏やかに、しっかりと歌っていました。
暖かい曲なんだけど、会場はピンと張り詰めた空気に包まれてました。
「始まっちゃったな・・・」とあの場にいた多くの人が感じていたと思う。

二曲目の"無効の日"、大好きな曲なんだけど、やたら気合入って歌うからなんだか違う歌みたいでした。これ聴けただけで来てよかったです。
「本気出してないままで終了です あとは箒で掃いて捨てる それをどうして悲しいというの」
こんな詩があるから、Syrup大好きだ。

その後も生活、神のカルマ、IMN、、、と新譜以外から「これもやるの!え、それも!?」と数々の曲を、特にこれといったMCも無いまま、一曲ごとにこのグダっていた数年間を取り戻していくかのように。しっかり丁寧に、たまにトチったり、それでも熱く、とにかくハイテンションに演奏していきました。

"負け犬"のイントロでコードを間違えて、ゴメーンのジェスチャーと「負け犬だけにね」と初めてMC。フッと会場の空気がゆるんで、あたりから笑い声が漏れました。
ここにきていつもの五十嵐だ・・・(笑)
そんな空気の中でも"負け犬”はすごく良かった。。
弾き語りの"明日を落としても"も刺さった。
"ex.人間”が聴けたのもうれしかったし、"ソドシラソ"もすごく心に残った。

「あーーーー終わっちゃうなぁぁぁぁ!!!終わっちまうーー!くそっ!」
五十嵐が叫んだ。
みんなそう思ってるよ・・・

会場からはメンバーの名を呼ぶ声と同じくらい、「ありがとう!!」の声が上がっていて胸が熱くなりました。いったいどれだけの人がSyrupの歌に救われてきたんだろう。

"パープルムカデ"はライブで何度も聴いていたはずなんだけど「こんなにかっこいい曲だったっけ?」と思った。
どこが違うのかうまく言えないんだけど。。
"リアル"もいつもに増して鳥肌もので。
なんなんだろう、、やっぱメンバーの気迫みたいなものが全然違ったんだと思います。


アンコール、、
この時すでに2時間半くらい経ってて驚きました・・・
新譜の曲をほとんどやってなかったので、まだ少しは気持ちに安心感があったと思う。
手を叩きすぎて手が痛かったし、指定席に立ち続けて足腰も痛かった。

アンコール一曲目は"さくら"でした。
本当、こんないい曲書けるのになんで解散しなきゃならないんだろう。
「さよーーーなら、さよーーーならーーー」
あぁ、嫌だ・・・終わってしまう・・・

ニセモノ、イマジネーションも本当にいい曲。大好きです。
聞いた事ない曲が間に入っていて驚きました。
この後におよんで新曲かよっ!?

"scene through"は最初聞いたときはピンと来なかったんだけど、アルバムを聴いてるうちにどんどん好きになっていった曲で、なんとなく最後の曲は翌日か、scene throughかどっちかがいいなぁと思っていました。
ギター、ボーカル、ドラム、ベースの絡みがすごく心地良くて、ハッピーエンドの映画のラストシーンのようで。


二回目のアンコール。
五十嵐は中畑さんにおんぶされて出てきました。
NHKでも同じことやってたけど、仲良いなあ・・(⊃д⊂)

She was beautiful、落堕、真空。
盛り上がるだけ盛り上がって、終わり。
早いよ!!でも格好よかった。
「ロックンロォォォォル!!」の中畑シャウト、この日一番盛り上がった瞬間でした。


そして、、三回目のアンコール。

「今日は心配だったんですが、こんなに沢山来てくれて、ありがとうございます」
「プレイヤーから流れる、明日の曲を沢山作ったので、よかったらこれからも聞いてください。次も、明日を歌った曲です」

ジャラララランラランララーン!!
ああああぁ"翌日"!!!
どうしようもなく聴きたかったけれどもこの日ばかりは聴きたくなかった翌日。
綺麗すぎる。。終わってしまう。。軽くパニック。

「メンバー紹介、しちゃおうかな?」
ここで!?
「ドラムス、中畑大樹!!」
「スーパーベーシスト、キタダマキ!」
「そして、今日も今日とて、五十嵐隆でございます」

そして、"Reborn"
終わりだ、今度こそ終わりだ、、、
歌の後半の山場のところで、パァァァっと客席の照明がつき、会場全体が光に包まれて、、
なんという演出。震えました。

そうして三人は手をつないで大きくお辞儀をして。
袖に消えていきました。中畑さんが最後になんか叫んでいました。

seのRebornが流れ出し、スタッフが客を追い出しにかかりました。
時計を見ると9時。ゆうに3時間半。
本当にギリギリいっぱいまでやってくれたんでしょう。
周りを見渡すと、急いで帰り支度をする人、泣き崩れている人、呆然としている人。


今日で解散とか、武道館だとか、そういった要素を抜きにしても。
セットリスト、演出、演奏、歌、ともに今までで最高のライブでした。
もう、終わってしまって寂しい、悲しいとかいう感情よりも今までありがとうと。
本当にありがとう、Syrup16g。


2008.3.1 ”LIVE FOREVER”The last waltz of Syrup16g in 日本武道館 セットリスト
きこえるかい
無効の日
生活
神のカルマ
I.N.M
Anything for today
イエロウ
月になって
負け犬
希望
センチメンタル(弾き語り)
明日を落としても(弾き語り)
もったいない
生きたいよ
途中の行方
ex.人間
正常
パープルムカデ
天才
ソドシラソ
Sonic Discorder
Coup d’Etat~空をなくす
リアル

(EC)
さくら
ニセモノ
新曲
イマジネーション
scene through

(EC2)
She was beautiful
落堕
真空

(EC3)
翌日
Reborn



f0058709_11475542.jpg
[PR]
by kenzy87 | 2008-03-03 02:42 | 音楽 | Comments(0)
<< TRIGUN完結 帰ってきた。 >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧