とりとめがない



ARABAKI ROCK FEST. 08 一日目

2008.4.26(土)

◆深夜バスに乗って仙台に到着したのが5:00。
激安深夜バスは思ったよりすわり心地のよい椅子だったけど、揺れが激しかった。
自分はバス酔いしてしまった上に寒くてほとんど眠れず、
コンディションが悪いまま一日目が始まりました。
仙台駅からは大型タクシーで会場まで。時間が時間だったので道も空いていてすぐ到着。
心配された天気のほうは、やった!雲ひとつ無い!そしてなまら寒い!

9:00 開門~テント設営
相変わらず入場ゲートまでが長ーい。
テントサイトはみちのくB。いい場所!
テントの説明書を失くしてしまったものの、なんとか設営。

10:30 サンボマスター(ARAHABAKI)
朝っぱらから暑苦しい!サンボマスター!
山口の全力さに心打たれました。
一曲やるごとにMCというか説教というか。
「今日は伝説のライブにしたいんですけど、いいですかーー!!!」
「これ言っていいですか。これ言っていいですか・・・フリーチベット!!」
「僕はね、あなたに泣いて欲しくてやってんじゃないの。笑って欲しいの。」
世界はそれを、愛と呼ぶんだぜー!!!や、そのぬくもりに用がある!とか。
ライブが終わった後もいきなり引き返してきてリンダリンダ歌いだしてスタッフにいやな顔されたり、無駄に熱い!
タンバリンも聴きたかったけど、やってくれなかったのは残念。
時間以上にやってくれたみたいだけど、1バンド35分はやっぱり短いなぁ。

◆サンボマスターが結構押してたみたいで、気づいたら9mm見る時間がほとんど残ってなかったのであきらめ、乾杯がてらミドリへ。

12:05 ミドリ(HATAHATA)
登場SEがたまだったのでややポイントアップ。
最初の二曲くらい見て移動したんだけど、まりこの狂いっぷりは噂どおりに凄かった!
思わず笑ってしまいました。

12:30 THE日本脳炎(ARAHABAKI)
なんかいいらしいと聞いて行ってみた日本脳炎。
始まる前から革ジャンや、でかい応援団旗を持った人たちがいるし、やばそうな雰囲気。

一目見て予感は確信に。これはやべえええ!!
目の下に隈のある、着物を羽織った、中年のおっさん。どうみてもヤク中。
海賊船に乗ってそうなメンツ。ふてぶてしい態度。
や、野外似合わないなー!

そして見た目の通りのダミ声ロケンロール。客大暴れ。殴り合い。マイクを客席に投げ捨てるボーカル。スタッフマジギレ(笑)
客席のど真ん中で団旗ふりまわすファン。スタッフマジギレ(笑)

嫌いじゃないぜこんな連中!
でももうアラバキには呼ばれないような気がする。

13:30 Theピーズ(ARAHABAKI)
ピーズなのに雨降っていない!
「雨降ってないよー!」と嬉しそうなはる君。

楽器調整で3人が出てきて「マイクチェック~ワン、トゥ~♪」と即興で演ってくれて楽しかったです。
「あの、この後また出てくるから、そんときはワーってやってね」
とか言うから、その後普通に登場したときの歓声がやらせくさかった(笑)

この間の野音とはけっこう違ったセットリスト。でもやっぱり基本的にはゆるい感じ。
「バカになったのに」が聴けて良かった!
「ドロ舟」面白い歌詞!
「とどめ」は最後でした。盛り上がったー!

タイミング的に「実験4号」聞きたかったけどやってくれなくて残念。
「もうすぐ増子兄が会場入りするから、そしたら雨降るよー」
と不吉な事を言い残してました。

14:30 ストレイテナー(MICHINOKU)
時間帯がフラカンともろ被りしていて、本当に迷った。
ギリギリまで迷ったけど、テナーがそこでライブをやっているのに見に行かないわけには!
というわけで参戦!
なんだか3人ともスマートになった印象を受けました。シンペー髪きった?

演奏が始まるもののなんだか音が小さい。今までの他のアーが音大きすぎたのかもしれないけど。楽器の音はクリアに聞こえて良かったんだけど、ファンの合唱でサビの部分が聞こえない事も(--)

TODAY始まりの、プレイザスターギター、バーサーカーにディスコグラフィーにキラーチューンに、、フェスらしい定番曲ばかりのセットリストでした。
うーん、ストレイテナーはハコの中、もしくは夜のほうがイイかも。
なんていうか、ミラーボールが欲しい。

ホリエ「こんにちは、ストレイテナーっていいます」
ひなっち「焼肉のにおいがする・・・」

15:30 THE HELLO WORKS(TSUGARU)
自分、ラップとかhiphopとかそういうのは大の苦手なんだけど、行きました。
さすがに客の数凄かったです。
うーん・・・一曲聞いて移動。でも後から聞いた話ではその後ブギーバックやったんだって!
聞きたかった!

16:10 the pillows(HATAHATA)
アウイエー!去年のアラバキでは陸奥ステージ一日目のトリをつとめたピロウズ。
月夜に聴くスケアクロウは最高だったな・・・
そんなピロウズですが、演奏が始まったとたんに雨!さすが(笑)

「連れてってやるぜ!この世の果てまで!」
「この世の果てまで」から始まり、「カーニバル」や「RUNNERS HIGH」など、シンクロナイズドなセットリストなのはフェスならでは。
「RUNNERS HIGH」はテナーバージョン!
ニューシングルのトーキョーバンビもPOPで楽しいー!
そして6月に出るらしい新曲「New Animal」も!

MCは、淳さんの両親がARABAKIに見に来てるとかそんな内容。
さわおさん、この日はあまり機嫌が良くなかったみたいでした。

16:35 マキシマム ザ ホルモン(ARAHABAKI)
ステージに着いたころにはもう後半で、見れたのは最後の3曲くらいでした。
客の数が半端ない。客席に入りきらなくて溢れた客が通路すらギッシリ埋め尽くしてました。
やっぱ陸奥でやるべきだったような。
そして、そんな通路の端の客までノリノリでヘドバンしてるんだから凄いバンド力です。

「糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー」に「恋のメガラバ」!
いつも同じセットリストだ・・・とかファンの間では言われてるみたいですが、初見の自分は相当楽しかったです!
あとMCがやっぱりおもしろい(笑)

17:50 怒髪天(ARAHABAKI)
らーーーららーーらーらーらららぁーーーー♪
待ってましたお祭り男!
兄ぃはカリアゲ君、シミさんが金のウニみたいな頭になっていました。
「雨なんか降ってない!!」
どしゃ降りの中断言する兄ぃかっこいいぜ!
「これは酒だ!」

花も嵐も踏越えて!ロックでない奴ァロクデナシ!ドンマイ!タリラリラーにグっといけー!
そして最後はフェスの定番サスパズレ!
「よーしこれ終わったら飲みまくるぞーー!!お前ら奢れよ!ほとんど先輩の脅迫ギター!」
たとえ天候は悪くとも、それを忘れるくらい楽いライブでした。流石怒髪天!
この盛り上げ上手!

「空は曇っていても俺には夕日が見えるぜ」

◆疲労と寒さが酷かったので、バインさんと銀杏はあきらめて、テントで休息。
佐世保バーガーうめい!

19:50 斉藤和義 with ARABAKI MICHINOKU SESSION(MICHINOKU)
日も落ちて、雨も降り続ける中の斉藤さん!
とにかく寒かった!開演時間とっくにすぎているのにちっとも始まらない。
沢山の人が出るからしょうがないっちゃあしょうがないのかもしれないけど。
アコギだけでいったい何本調整するのかと。結局30分くらい押してました。。

でも、始まってしまえば大量のスモークと赤いライトの中アコギ弾く斉藤さんは相当カッコ良かった!
雨の中待ったかいはあったなと。
何曲かやったあと、バンドメンバーが引っ込み、
「えー・・・今日はスペシャルセッションという事で入れ替わりでやっていこうと思い・・・ます。まずはキューちゃん!」
ドラムとアコギだけでできる曲という事で「レノンの夢を」。
カッコよかったー・・・

このセッションは良かったんだけど、繋ぎがいちいち酷かった。
「えーっと・・・MCで繋いでくれって言われたんだけど・・・えー?うーん・・・あー・・・寒いのに、みんな凄いねー」
グダグダのMC。全然つなげてない(笑)

次はビークルのメンバーと共にACDCのカバー。
メタル!斉藤さん、最初はお面つけてたんだけどすぐ取る(笑)

ビークルが終わった後はチャットモンチー。
なんか伊坂幸太郎がどうのこうのとか。
ベリベリストロング!
「かわいいですねー」を連発してました。
「やらせてくれないかな」
さすがせっちゃん。

そして、ハナレグミの永積君と「歌うたいのバラッド」!!
これは良いバラッド・・・!

スペシャルなセッションは以上で、その後バンドメンバーと何曲かやってこの日は終了。
寒かったけど、良かったー





・・・なわきゃーない!
アンコール!アンコール!
きたーーーーーーー!
出るわ出るわ、斉藤さん、バンドメンバーに続いて、キューちゃん、ビークル、チャットモンチー、ハナレグミ、スチャダラパーのボウズ、フラカンのグレートマエカワさんと鈴木圭介!!

壮観!
フラカンもヨコロコも見逃していた自分にはマエカワさん嬉しすぎました!
おもむろにTシャツを客席に脱ぎ捨てると裸オーバーオール(゜∀゜)
まえかわさーーん!!!

曲はもちろん全員で「歩いて帰ろう」!!
あああもう楽しい!


22:00 TWIN TAIL(HANAGASA)
ROVO勝井さんと中村達也、VJ豊田利晃のユニットTWIN TAIL!
会場真ん中あたりに今年新しく作られた、HANAGASAステージ。
すぐ横ではキャンプファイヤーが行われていました。
冷え切った体に火の暖かさがしみる・・・!

深夜を切り裂くドラムとバイオリン!
達也の鬼ドラムは相変わらず半端無いし、それに負けてない勝井さんもすごい!!
いつ終わるとも知れないリズムと旋律の応酬。
夜中に野外で、というシチュエーションなのがまた最高でした。

◆その後。一時間待ちのシャワーを浴びて、就寝!
去年もそうだったけどシャワールームすぐ壊れるのは何とかならないものでしょうか。


続きはwebで!




セットリストいくつか

サンボマスター
愛しさと心の壁
光のロック
世界はそれを愛とよぶんだぜ
新しい朝
そのぬくもりに用がある
I love you

the ピーズ
サイナラ
三連休
ドロ舟
バカになったのに
新曲
ギア
リサイクリン
底なし
生きのばし
とどめをハデにくれ

ストレイテナー
Today
Birthday
Play The Star Guiter
Discography
Six Day Wonder
Berserker Tune
Killer Tune
Train
Eternal

the pillows
この世の果てまで
WALKIN` ON THE SPIRAL
Carnival
Wake up! dodo
Ladybird girl
Tokyo Bambi
New Animal(新曲)
RUNNERS HIGH
ハイブリッドレインボウ

怒髪天
ロクでなし
ドンマイ・ビート(with ケイタイモ by BEAT CRUSADERS)
ビール・オア・ダイ
酒燃料爆進曲
サスパズレ

斉藤和義
I LOVE ME
愛に来て
新宿ララバイ
かすみ草
レノンの夢も(with クハラカズユキ)
ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~(with チャットモンチー)
HELLS BELLS(with BEAT CRUSADERS)
歌うたいのバラッド(with ハナレグミ)
幸福な朝食 退屈な夕食
ジレンマ
(ec)
歩いて帰ろう(全員)
[PR]
by kenzy87 | 2008-05-02 20:43 | 音楽 | Comments(0)
<< ARABAKI ROCK FE... 5月の気になるコミック >>


おことわる!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧