とりとめがない



おもいでエマノン

鶴田謙二の久々の新刊は、梶尾真治の同タイトル小説のコミック化でした。
帯の文章が「鶴田謙二5年ぶりのコミックス!」(笑)
どうしようもないなあこの人は・・・とかいいつつもこの人の新刊が読める事を嬉しく思います。
遅くてもいいものを描いてくれるんですよね。
5年に一冊で食べていけてるのかと他人事ながらに心配。

ストーリーは、SF好きの青年が船の上で出合ったエマノン(No nameの逆読み)というミステリアスな女性は、実は地球に生命が生まれた時からの記憶を持っていて。。というもの。
叙情的というか、このせつない雰囲気は日本のSFならではだなあと思います。

そこにきて鶴田さんの絵が、というよりは鶴田さんのエマノン像がはまりすぎて!
鶴田謙二さんの描く女性っていつもすごく素敵なんだけど、
ストーリーがまたすばらしいのでこの本はダブルで素敵なんです。

パイロット版の「エマノンの思い出」(オールカラー)や、旅をするエマノンを描いた「エマノンのさすらい」も収録。表紙を外した所のカラーイラスト等等、もう隅々まで素敵。

"おもいで"と"記憶"って別モノですよね。
覚えていてくれてありがとう。の一言にキューンときました。

表紙を見て「なんか良さそう」って思った人なら読んでみて損はしないと思います。

f0058709_125391.jpg
[PR]
by kenzy87 | 2008-06-01 01:00 | マンガ | Comments(0)
<< RISING SUN ROCK... あづい >>


おことわる!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧