とりとめがない



ゆらゆら帝国 in 新木場コースト

ゆらゆら帝国を見てきました。新木場コースト。

コーストはロビーが毎回混むし、会場が横長でステージが見えない所があります。あと駅前が寂しい。
いい所はロッカーが多いのと、内装や設備が変わっていて面白い所です。

ゲストDJ激しい照明に目を狭めて待っていると、いつのまにかメンバー登場。
一曲目「砂のお城」
ああこの一瞬で異世界に飛ばされる感覚。例えるならば「暗黒童話劇場、はじまるよっ!」みたいな。
そして少し前かがみになった格好のまま植物のように動かない千代。カッコいい・・・
やっぱりこれがゆらゆら帝国。

ここのところ坂本さんの人外っぷりに磨きがかかってますね。
髪の毛のボリュームがパーマで物凄いことになっていて、どうみても妖怪。
「あえて抵抗しない」のマラカスパフォーマンスで、体全体を使って小刻みに震える様は笑っちゃうくらい妖怪でした。

前半は大体ダウナーな雰囲気で、
新しめ曲中心な中で「砂のお城」と「男は不安定」はよかった。
「船」はインストバージョン。リミックスアルバムに近い感じでした。

「美しい」もインストが延々と続いたかと思ったら、後半は「まぶしい」「まぶしい」と連呼。
リフが気持ちいいなぁ。。
そのまま「行ってきま~す。」と、「学校へ行ってきます」
CDで初めて聞いたときからこの曲はヤバイと思っていたけれども、ライブだとさらにカオス。
コーストの設備だからなのかどうかはわかりませんが、音があっちこっちから聞こえました。
脳味噌おかしくなりそう。
そして、「侵入」「無い!!」と気持ちよすぎて眠くなるほどのラインナップでした。
「無い!!」のベースリフと、後半のカタルシスには毎回泣きそうになってしまいます。

ここまでが前半。一呼吸おいて、「わかってほしい」が始まった時に、
「あ、ゆら帝ってロックバンドだった」って事を思い出しました。
「すべるバー」「夜行性の生き物」と、前半とはうって変わって後半のアッパーなセットリスト!

正直もうゆらゆらは前半のような横揺れの曲だけで十分な気もするんですけどね。
盛り上るのは間違いなく後半のほうで。
坂本さんのギターソロもカッコよかったんだけど、この日は一郎さんのドラムが凄かった。
「ロボットでした」でドカドカ叩き過ぎて中盤で完全にドラムの独壇場になってました。すごい迫力。
そうそう「ロボットでした」では坂本さん、タンバリン叩いてたんですがこれがまた薄気味悪くてよかったです。

「3x3x3」は呟きから始まるバージョンで、エコーをかけずにブツブツ呟いていて恐かった。
ここでもマラカスを持ち出してシャカシャカやってたんですが、転調の所で、奇声とともにマラカスブン投げ!!
ベンジーのアレじゃあるまいし、けっこう値がするものじゃないの!?とか変な心配をしてしまいました。

「次が最後の曲です」
最後の曲は「パイオニア」でした。コーストの特大ミラーボールでいい雰囲気。。

なんだか見所がありすぎてやたら密度の濃いライブでした。
最近毎回こうなんでしょうか。

おわり。

ゆらゆら帝国 in 新木場コースト セットリスト
砂のお城
男は不安定  
ソフトに死んでいる
順番には逆らえない
なんとなく夢を 
船(instrumental remix)
できない
あえて抵抗しない
美しい
学校へ行ってきます
侵入
無い!!
わかってほしい
すべるバー
夜行性の生き物三匹
つきぬけた
ロボットでした
3x3x3
パイオニア
[PR]
by kenzy87 | 2008-12-16 02:24 | 音楽 | Comments(0)
<< 1月の気になるコミック 2008年のマイベスト音楽編 >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧