とりとめがない



2008年を振り返る漫画編

今年の「このマンガがすごい!」の一位は「聖☆おにいさん」でした。
凄いブレイクしてましたね。
あとは「宇宙兄弟」とか「GIANT KILLING」とかモーニングがやたら強かったようなランキングでした。いずれも面白マンガなのでおすすめです。
個人的に熱かったマンガはこんな感じ。

■イムリ 三宅乱丈
ファンタジー漫画かと思って読んだらガッチガチのSFでした。
ここまでクオリティの高いファンタジーSFを描ける人がいた事に驚き。
これまでも面白いSFは数多くあったけども、そのどれともかけ離れている気がします。
なんというか、日本人のセンスじゃないんですよね。それでいて面白い!
物語の展開も早く、続きが気になりすぎる漫画!

■FLIP-FLAP とよ田みのる
熱血な漫画が好きなんです。藤田漫画とか島本漫画とか。
とにかく全力で、前向きにゲームに立ち向かう主人公達の姿が半端なくアツかった!
全一巻、一気に駆け抜けました。燃えます。

■ヴィンランド・サガ 幸村 誠
ヴィンランドサガももう六巻。プラネテス全四巻にかかった年数を考えると感慨深いです。
そんなヴィンサガ、ここにきて猛烈に物語が動き始めました。
アシェラッドの活躍や、王子の覚醒。
相変わらず主人公の影は薄いです。

■トリコ 島袋光年
買春でたけし途中退場した、しまぶーがジャンプに帰ってきた!
それも今のジャンプでは浮いてしまうくらいに少年ジャンプしてる内容で。
なんか食べるシーンとかが迫力あっておいしそうなのもいいです。
今のジャンプ一押しです。

■SKET DANCE 篠原健太
連載が始まって一年やそこらとは思えない安定感!
スイッチの過去とか、一話丸々pillowsの歌詞とかもあったけど。
キャラ投票すらちょっといい話にしてしまうなんて。
銀魂みたいになって欲しくはないなあ。

■HUNTER×HUNTER 冨樫義博
今年は沢山読めました!
今はまたいいところで休載しちゃったけれど。

■ONEPIECE 尾田栄一郎
とっくの昔にドラゴンボールの巻数を越えているというのに、
まだまだ相変わらず面白い。まさに化け物。
シャボンディ諸島でのルーキー大集結、大乱闘、そしてバラバラにされたメンバー。
当分はジャンプお得意の修行編かぁ・・・と思っていたら、舞台は大監獄インペルダウンへと、
ものすごい密度で展開し、一話たりとも目が離せません!

次点「月光条例」「巨娘」「ベルセルク」「珈琲時間」「乙嫁語り」

あと、長期連載が沢山終わった年だったと思います。
ざっと思い出すだけでも、蟲師、HELLSING(未単行本)、エマ、トライガン、ホーリーランド、万祝、新吼えろペン、金色のガッシュ、、などが終わりました。
またこれら作者の新連載もぼちぼち始まっていたり、雑誌の新創刊、廃刊・・・と色んな動きがあって面白かったです。

去年の記事
[PR]
by kenzy87 | 2008-12-19 11:15 | マンガ | Comments(0)
<< 新年! 1月の気になるコミック >>


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧