とりとめがない



カテゴリ:映画( 14 )


俺のような天才策略家でなければ、百戦錬磨のつわものどものリーダーは務まらん。

ブルース・ウィリス、映画版『特攻野郎Aチーム』でリーダーのハンニバルを演じる?(goo映画)

これから制作が予定されている映画版の特攻野郎Aチームで、ハンニバル役をブルース・ウィリスが演じるかもしれないそうです。
リンクの記事を読む限りではリメイク版というよりは新作っぽいですね。

しかしブルースがハンニバルって、どうなんでしょうか。
髪の毛はヅラ?
ブルースならモンキーじゃないんですか常識的に考えて!
でもそれだとガタイよすぎますか。

まぁ吹き替えが羽佐間道夫氏なら文句はいうまい。
[PR]
by kenzy87 | 2008-06-03 18:04 | 映画 | Comments(0)

ダージリン急行

ウエス・アンダーソン監督の新作映画を見てきました。
バラバラになってしまった3人の兄弟が、家族の絆を取り戻すためにインド旅行をする映画。
狭い乗り物の中での物語は「ライフ・アクアティック」、バラバラになった心の絆を取り戻すというテーマは「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」と共通してますね。

主人公の3人は皆どこか性格に問題あって、大人になりきれてなくて、
傍から見たらどーでもいいような事でケンカしたり、変な行動に出たりします。面白いです。

それほど大きな事件も無く、グダグダゆる~い流れで物語は進んでいくんですが、
どの場面を取っても絵と音楽がステキすぎる!
特にオープニングのかっこよさはレザボアドックスとタメを張るんじゃないかと思った。

インドの埃っぽい空気とそこを走る列車。旅をする3人のダメな大人・・・
この盛り上がらなさは好き嫌い分かれそうだけども、自分はとても好きでした。

f0058709_2157168.jpg
[PR]
by kenzy87 | 2008-03-26 21:57 | 映画 | Comments(0)

エイリアンvsプレデター2

A・V・P!A・V・P!
エイリアンvsプレデター2を見に行ってきました。
前作がすごく良かったので期待してたんですが・・・

ストーリー等がアレなのは最初からわかってたしむしろそれも期待のうちだったからいいんです。

何がダメって、エイリアンとプレデターを見に行ったのに、人間が出すぎ。
そんなビバリーヒルズ青春白書とかいらないから!
肝心の対決シーンも、画面が暗すぎて動いてるのがエイリアンだかプレデターだかよくわかんない上に、今回、エイリアンとプレデターの合いの子のプレデリアンとかいう紛らわしいものが出てくるからなおさら拍車がかかってわけわかんない。

最後どうやって収拾つけるのかと思ったらあのオチ!

プレデターが地球人と馴れ合わないところはよかったんですけどね。
一番良かったシーンはあの、手裏剣のところ。サクッと!
[PR]
by kenzy87 | 2008-01-25 11:14 | 映画 | Comments(0)

バイオハザード3

バイオハザード3を見てきました。
舞台は砂漠!
もはやゾンビ物というよりはマッドマックスのような世紀末感をかもし出しています。
序盤のストーリー展開のくださなさにはもう笑うしかなかった。

そしてミラ・ジョボビッチはやっぱり全裸。
あいかわらずのビッチだぜ!
今回は2本の鉈を振り回しゾンビどもと戦ってくれます。
個人的には前作のガンアクションのほうが好きなんですが、これもカッコイイ!!
詳しくは書かないけど、舞台が派手に変ったわりには地味な展開が多かった。
ラストバトルとか、最後がアレなのはまあいいと思うんだけど、もうちょっとアレがあってもよかったかなあと。

日本版オリジナルで、スタッフロールに倖田クミの歌が流れるんですけど。
スタッフロールは最後まで見る派なんですが、よっぽど途中で出ようかと思いました。

と、後味は悪かったけれども。
かっこいいミラをみれたので概ね満足でした!
[PR]
by kenzy87 | 2007-11-08 18:45 | 映画 | Comments(0)

あらしのよるに

「時をかける少女」と一緒に借りてきました。
狼と山羊の友情の話。

惜しい・・・
深いことを考えずに見ることができたらさぞや面白かったんだろうな、というのが感想です。
下手するとボロボロ泣いちゃってたかもしれなかったのに。

見た目と声が違和感バリバリであまり感情移入できませんでした。
中村獅童が演じる狼のガブは良かったんですが、、
ヤギのメイの声がおもいっきり青年なうえ、喋り方がなんかサラリーマンぽい・・・
自分のこと「私」って言うし。
狼の一匹にで山寺宏一が声を当ててるやつがいるんだけど、一人だけ上手くって浮いてたくらい。
あ、竹内力の狼役は迫力があって最高でした。

前半がダレ気味で、中盤以降はめまぐるしい展開。
なんか突っ込みたくてしょうがなかった・・・ごめんなさい。
そもそも序盤いきなり仲良くなりすぎだろ!と。
絵本原作だからなぁ。

以下ネタばれ
[PR]
by kenzy87 | 2007-05-09 22:11 | 映画 | Comments(0)

「ブレイブストーリー」を見ました。

あんま期待してなかった割には面白かったです。
あれだけ量がある原作を2時間でやれるのかよ!?と心配していたのですが、
なかなかうまい具合に端折るところを端折ってましたね。
さすがに説明不足で消化不良気味なところもたくさんあったし、
本編とも言うべきシーンは大胆に削られていたりしましたが、2時間じゃこんなもんか。

大泉洋とか松たか子とかの声も違和感なく。
さすがに金をかけてあるだけあって映像が凄くきれいでした。

これだけ出来がいいとなおさら2時間でまとめてしまうのが勿体無いなぁと感じます。
3部作とまではいかずともせめて3時間ものにするとか。

ネタバレ
[PR]
by kenzy87 | 2006-12-13 18:22 | 映画 | Comments(0)

ロマンはどこだ

劇場で見そこねていた「陽気なギャングが地球を回す」をやっと見ることができました。
同じ銀行強盗もののオーシャンズ12はすげえつまらなかったんだけど、これは面白かった!

伊坂幸太郎原作のこの映画は、嘘を見抜く男、精密な体内時計を持つ女、演説の達人、スリの天才という、それぞれ特殊能力を持った4人組の銀行強盗のお話。
派手なスーツに身を包み、演説をかましつつ、サッと奪ってパッと立ち去る。
か、かっこいい!!
この設定だけでご飯3杯はいけそうです。

原作通りの明るいノリで、スピーディーな割に寸詰まり感もなく、原作と全然違う展開にドキドキ。
ショボめのCGも、漫画っぽいコミカルさが出ていて、好印象。

何と言っても響野役の佐藤浩一が良い!演説シーンは最高でした。
主演の大沢たかおは期待していたほどでもなかったです。無難なかんじ。

残念だったのは、肝心のオリジナルストーリーがイマイチだった事。
原作を越えようとする意気込みや良しなれど、それが空回りしてしまったといった所でしょうか。
原作が一分の無駄もない完璧な作品だっただけに粗が気になる気になる・・・

肩の力を抜いて気楽に見るといいと思いました!

f0058709_150163.jpg

以下ネタバレ
[PR]
by kenzy87 | 2006-11-06 01:22 | 映画 | Comments(2)

X-MEN ファイナル ディシジョン

知り合いから試写会のチケットを貰ったので見に行ってきました。

試写会って言ったらあれですよ。
大きな会場で大々的にねぇ、ババーンと。
あわよくば監督とか出演者なんかが来日して挨拶なんかしたりして。
んでもって出口では映画のCM撮りかなんかやってて、運悪く捕まった人が「泣けました!」とか言ってるの。


で、実際に会場のFOX社に行ってみたら50人くらいの小さな劇場に、7,8人くらいしか人がいなくて。
スーツの人がいたり、なんか書類を持ってる人とかもいるんですよ。
なんつうか、、ビジネスライク!?

自分は普通にバンドTシャツにジーンズ。
い、いづらい・・・・
しょうがないので「ボ、ボカァ取材で来てるんですよフフン」というテレパシーを周囲に送ってたけどみんな気づいてくれましたでしょうか。

前置きが長くなっちゃいましたが映画の感想を!
うん、期待以上に面白かったです!!

今回は前作よりアクション寄りのようでした。
見所はなんといってもエンジェルやジャガーノート、ビーストなどの新キャラ!
そしてなんとセンチネルも登場!!(ちょこっとだけど)
もちろん前作からのサイクロプス、ウルヴァリン、ストーム、パイロにアイスマン、
ガンダルフことマグニートーに、ピカード艦長ことプロフェッサーX、達も大活躍したりしなかったり!

もうおいしいキャラ盛りだくさん過ぎてオラワクワクが止まりません。

以下ネタバレ
[PR]
by kenzy87 | 2006-09-07 03:42 | 映画 | Comments(0)

ローズ・イン・タイドランド

直訳すると「干潟のローズ」
テリー・ギリアム監督の最新作を観に行ってきました。
なんでも、「ブラザーズ・グリム」を撮りながら、ついでに撮っちゃったのがこの作品・・らしいです。

まあ結論から言うと、大好きです!でも決して人にお薦めは出来ない・・・そんな映画。

ブラザーズグリムの時はあまりにもまともなお話を作るもんで驚いたんですが、
こっちのはギリアム節全開!
安心しました。やっぱこの人キチ外だ・・・(´∇`)

しかし、これはもう、、とんでもない・・・・
映像はものすごくきれいだし、主人公の女の子(すごいカワイイ)の演技もいいんですけどね、
「ラスベガスをやっつけろ!」と比べてもひけをとらないブッ飛びっぷり。(;゜д゜)
この映画、R15指定なんだけども、R15どころじゃない。
エロスもバイオレンスもグロもほとんど無いんだけども、精神的にキます。
毒も毒。ギリアム毒。
R15ってのは苦肉の策だったんでしょうね。子供が見たらトラウマになるかも。

お話は不思議の国のアリスをモチーフにしたらしいんですが、うーん、、「どこが?」って感じです。
狂った世界という一点においてはドンピシャリなのかもしれないけど。

あれはオカシな世界に迷い込んでしまったマトモな主人公のお話なんですが、
「ローズ」の場合、世界はマトモなんだけども出てくる登場人物が1人残らず狂っています。

とにかく主人公を含めすべての環境が狂っているから、ツッコミがいない。もう爽快なほどに。
ツッコミがいないからあちいでもこっちでもひたすら暴走して収拾がつかなく・・・
と思ったら最後はキッチリ終わってました。

ほとんど出ずっぱりしゃべりっぱなし1人5役を見事に演じきった主人公の女の子もすごかったけど、
ジェフ・ブリッジスが父親役で出てたのも嬉しかったです。

公式サイト

f0058709_19191934.jpg
[PR]
by kenzy87 | 2006-07-19 19:19 | 映画 | Comments(4)

ウルトラヴァイオレット

「リベリオン」のカート・ウィマー監督の最新作SFアクション映画!
リベリオンの大ファンなので、めちゃめちゃ期待して観に行ったんですが・・・・


なにこれ、、最高すぎる・・・・




ネタバレストーリー。





ミラ・ジョボビッチが、ガン=カタ。





以上。




な、、ないようがないよう!!!

というかネットではわりと酷評みたいですね・・・面白いのに!
確かに、たいしたストーリーでもなく、設定等の説明もほとんど無く、物語の描写も相当に不足しているとは思ったけど・・・(゜▽゜;)
頭の上に「?」が浮かぶ余裕も無く、スタイリッシュなアクションの連続にシビレまくりでしたヨ。


もうとにかくミラがかっこよすぎ!
アメコミとか2丁拳銃とかを愛して止まない、一部の頭の可哀想な映画ファンにはたまらない映画ですよこれは。
嗚呼早くDVD出ないかなぁ・・・(゚∀゚)キュンキュン!

そして、さっぱりわかんなかったストーリーは、パンフに全部書いてありました(笑)


でも、これだけは言わしてください。
見に行った場所は新宿歌舞伎町の東急ミラノ座2だったんだけど、音が最悪。
音質がどうこうとかの問題じゃない。たまにブチブチいうし、いきなり音小さくなるし、、スピーカー壊れてたんじゃない!?
せっかく平日でガラ空きだったから、いい席で見れたのに・・・


帰りに新宿駅のあたりで2丁拳銃の人を見ました。お笑いの。
あーつまりそういうこと。。え、どういうこと?
[PR]
by kenzy87 | 2006-07-07 21:59 | 映画 | Comments(2)


おことわる!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧