とりとめがない



<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


週刊少年ジャンプ13号の感想

、といいますか最近のジャンプから新連載中心に感想を書きます。
ネタばれはしないようにがんばります。

◆メゾン・ド・ペンギン
ここんとこジャンプはギャグ漫画が不足しているので、ギャグ漫画が増えるのはいいんですが、、、
いかんせん全然笑えないです。その上連載3回目にしてワンパターン。

4コマ漫画は読みやすいし、文字の人とか委員長とか、キャラは嫌いじゃないんですが。
このままじゃすぐに消えてしまいそうな気もします。

◆ツギハギ漂流作家
先週から始まった新連載。

これなんてワンピース?
絵も普通、ストーリーも普通。雰囲気やキャラはいかにもジャンプ漫画のソレ。普通すぎる。。
決してよい意味で使われることのない普通!!

できれば普通じゃないほうが嬉しいと思いました。
これから面白くなる可能性は十分にあると思います。

◆太臓モテ王サーガ
もーこの人は相変わらず暴走してますね!いいよいいよ!
「笑いの輪は狭いほど面白い」とはよく言ったものです。
と思いきや、テニス王子様ネタやNARUTOネタ、ブリーチネタも混ぜてくる。お色気とかも混ぜてくる。上手い。(処世術が)
おかげで人気もそこそこあるみたい。安心して笑えます。

今週のJOJOネタも最高でした。

◆銀魂
どうしてなかなか長編続きで、しかも全然面白くなかったのでもうこの漫画ダメかなぁ・・と思っていたのですが、
こないだの鍋の話といい、今回といい、やっぱり長編じゃない時は面白いみたいで安心。
ギャグとシリアスのバランスが長編だと崩れちゃうんですよね。。
今週はプチ銀さんと化した神楽がイチイチ面白いです(笑)
「○○を見つけにさ」
か、、かっこいいいいい!!ぐらさぁぁぁん!!!

最後のマチコマチコは笑いどころがよくわからなかったです。

◆ジャンプ魂
読者投稿ページです。またもメンバーチェンジでリニューアルしたみたいです。
こう数年の間にコロコロ変るのをみてると、やっぱりジャンプ放送局は偉大だったんだなと思います。さくまあきらだしね!

しかし今回のはなかなかすごそうです。なにがって中川翔子!(しょこたん)
一日に10回以上ブログを更新する現役のアイドルで、筋金入りのオタクで、楳図かずおを「神!」と崇拝している人物ですよ。
そんな危険人物が2ちゃんねる語丸出しでジャンプの読者ページを担当するんだから・・・!オモシロスギルwwwww
っていうかコーナーのイラスト描いてる人よりもしょこたんの方が絵上手いし。すげえ(笑)

でも、コーナーを目次ページよりも後ろに持ってくるのだけはカンベンしてください。

◇最近のジャンプはワンピースやデスノートも盛り上がってきたし、けっこう楽しく読めています。
タカヤも新展開に突入したみたいだし、みえるひとは人気盛り返したみたいだし、次に消えるマンガが読めません。
新連載以外だと、ミスフルかべしゃり暮らしあたりかなあ?
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-27 07:55 | マンガ | Comments(4)

矢追純一アワ~

という、なんともステキな番組がスカパーでやってるのを発見しました。
この人まだいたんですね!!(失礼)

こういう胡散臭いの大好き(笑)
しかも新番組のくせに全2回で終わりというステキっぷりです。
30分番組で全2回にするくらいなら1時間で終わらればいいのに。。
それともこの先も不定期的に放映したりするんでしょうか。

番組の内容なんですが、NHKのトーク番組みたいな寂しいセットで、
矢追さんが淡々とUFOのVTRや写真を紹介しながら、
「いやぁ、これだけ証拠があれば宇宙人の存在を否定できないでしょう」とかいうもの。
アシスタントの女性がひたすらに「そうですねービックリですねぇー」とかテキトーな相槌を打ちつつも、内心(なに言ってるんだこのオヤジは・・・)とか思っているのが見え隠れしてるのが、もう見てて楽しくてしょうがありませんでした。

VTRや写真などはさして目新しいものはなかったです。
ロズウェル事件とか、火星の顔の写真、ミステリーサークルなどなど。
もういいかげん見飽きた映像ばかりだったのでファンとしてはちと物足りなかったかも。

なんでも全世界的に20人に1人はUFOにさらわれた事があるらしいですよ。記憶が消されているからわからないだけで。(な、なんだってー!!)
最終的に「アブダクションは、交通事故みたいなもんだからどうしようもない。あと火星人はいる。」ってのが結論でした。

しかしこれ見てると、矢追さん、ただのUFOマニアのオッサンですねえ(笑)
妙に「一般ピープルは気づかないんですけど・・・」とか変な単語を使っていたのが面白かったです。
あんまり話術に長けた人では無いみたいです、、

矢追純一アワー
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-24 19:05 | エンタテイメント | Comments(0)

ゆらゆら帝国のことで考え中。

ゆらゆら帝国のライブ3がヶ月連続であるらしいです。
全部恵比寿リキッド。
どうしようかなぁ。全部行きたい・・・

LIQUIDROOM 【所在地:東京都】
4/12(水)20:00

LIQUIDROOM 【所在地:東京都】
5/4(木・祝)20:00

LIQUIDROOM 【所在地:東京都】
6/21(水)20:00


3個か?甘いの3個ほしいのか?このいやしんぼめっ!
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-22 20:50 | 音楽 | Comments(4)

SIREN2のお試しフラッシュゲーム

いやぁもう・・・
なにこれ。(注:怖いですよ)

ヘッドホンでやってたのよ。
怖すぎるってーー!!

怖すぎたのできっと本編は買いません。
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-22 20:46 | エンタテイメント | Comments(4)

シベ超が漫画化

こないだ漫画が実写化される事を書いたんですが、逆のパターンもたまーにあるみたいですね。


んでこんなのを見つけてしまいました。

シベリア超特急が漫画化


編集部、正気かよっ!?


つい先日、水野晴郎さんが急遽入院されたと聞いたときには本気で心配したんですが、
現在、体調は順調に回復しつつあるようです。よかった・・

来週の日曜日には下北沢ヴィレッジヴァンガードでサイン会があるそうなので行ってみようかなぁと。
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-20 02:22 | マンガ | Comments(0)

ブルース・ブラザーズ 25thスペシャルエディション

ってDVDをちょっと前に買いました。
DVDは持ってなかったので、いい機会でした。
25周年記念のスペシャルエディションだそうです。

中には2枚のDVDが入っていて、どちらにも特典映像と本編が入っています。
2つの本編はビミョーに違うんですが、ほんとに微妙なのでよっぽどのマニアぐらいしか喜ばないと思います。

特典映像は、それなりってかんじですかね。。
ブルースブラザーズバンドのツアーの映像とか入ってるんですが、最近の映像ばっかで。
欲を言えばSNL時代の映像をもっと入れて欲しかったです。

有名な映画なんで内容の紹介なんて要るかわかんないけど、一応書いてみます。
黒服のデコボコ兄弟がバンドを再結成して旅をするB級コメディー&ミュージカル映画。
ミュージカル部分のキャストに、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、ジェームス・ブラウンなどの豪華なメンツが出ています。
一言いわせてもらうと、ジョン・リー・フッカー激シブ!!

ストーリーだけ見ると、ほんと馬鹿馬鹿しいコメディなんだけども。
何がいいって主演のジェイク&エルウッドがとにかくかっこいいのです。
小さくて、いつも怒ってばかりいるジェイクと、のっぽで無口なエルウッド。
黒スーツに黒いネクタイ、黒い帽子にサングラス。
そんな格好をした2人が、ステージ上ではとびきりの歌とパフォーマンスを見せてくれるんだから。もー最高!!
エルウッドのステップとか最強なんですよう(*´д`)
ほら、「やっぱりロックって言ったらスーツか革ジャン」ってチバも言ってたし。
ロックというかR&B?いや、とにかくジャンルを越えたものがあるのですべての音楽好きに観てもらいたい、
とにかくハッピーでソウルフルな、これぞエンターテイメントな映画!

・・・なんだけどもこのDVD、いかんせん日本語訳が微妙なんですよね・・・(ーー;)
なんで変えちゃうかなぁ。ビデオ処分できない!!
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-19 19:09 | 映画 | Comments(2)

バットマンビギンズ

ここんとこ暇にまかせてほとんどコタツでボケっとしてました。脳味噌腐りそう。
なんでせめて映画でもみよう!と、何本かレンタルしてきて観てました。

その中で一番面白かったのがこの映画だったので感想を書いてみます。
本当は映画館に見に行く気マンマンだったんですけどね。
やっと見たんですが、おもしろかったー!!

バットマンはここんとこ2作ほどがダメダメすぎたんだけど今回やっとティムバートンの呪縛から解かれたカンジをうけました。
リアリティとコミック世界のバランスを上手く取れてたと思います。
そういう意味では地味なアイツをラスボスにしたのは成功だったかも。

バットマンってアメコミヒーローの中ではやっぱ一味違うんですよ。
電気のトラブルで得た超人パワーもなければ、宇宙人でも無い。
あるのは財力と鍛えられた肉体のみ。
その人間臭さが魅力なんですが、今回はその辺をかなり強調してきてました。

これまで何人かが演じてきたバットマン。今回はクリスチャン・ベールということでしたが、良かったです。
声がかっこいいです。
恐怖の化身バットマンを見事に演じてました。

モーガンフリーマンやゲイリーオールドマンが出てたのも嬉しかったです。ゲイリーがイイ人過ぎて違和感バリバリ感じたけど(笑)

あとは、スケアクロウが良かったなぁー。
この人ってほんとは「恐怖」の研究にとり憑かれた元心理学の教授なんだけど、そんな説明もなくズタ袋かぶってガス噴射する危ない人になってましたね。ズタ袋萌え!

クリックの先にネタバレがッ!
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-17 23:47 | 映画 | Comments(4)

漫画の実写化が流行ってるという話

近年急激に増えてますね。漫画の実写化。ググってみたら出るわ出るわ。
「NANA」、「ドラゴン桜」、「夜王」、「ハットリ君」、「3丁目の夕日」、、
先には「蟲師」、「どろろ」、「最終兵器彼女」、「テニスの王子様」「ハチミツとクローバー」なんてものまで。
見たいけど見たくねえー!あ、でもテニスは面白そう(笑)

「汚されちゃった・・・」とならない事を願うばかりですが、どうせアレな感じになるんだろうなぁ・・・
「ごくせん」とか面白かったのもありましたけどね。

「THE 3名様」、「クロマティ高校」、「東京ゾンビ」、「真夜中の弥次さん喜多さん」、、
それに漫★画太郎系のようなコアな物までもさかんに映画になってますね(笑)
こっち系はけっこう楽しみだったり。。。
弥次喜多は面白かったー!
画太郎のはくだらなすぎてよかった!

そういえば「ちびまるこちゃん」の実写版、あれは凄い!
よくあそこまでソックリな子役を見つけたものです。期待できそう。

どうにも食いつぶされていく感は否めませんが、映画、ドラマ業界もネタ探しに大変なんでしょうねい(゜~゜)
とまあ色々書いてみたのは、下のリンクを張りたい前フリだったりするわけです。

実写版デスノートのキャスト!?
おおお、ずっと月役の藤原竜也以外の情報が無かったのですが、やっと出てきましたね。
おひょいさんのワタリはハマリ過ぎ!
あれ、リュークは?さすがにCG?

にんげんってばかだな(動画)
うはwwwお前ら愛してるwwwww

セキネさん(動画)
セキネさんゴイスー!

ドラゴンボール(動画)
ちょ、下半身wwww
ドラゴンボールの実写化はこんなんとかもありますね。

はとよめ外伝
実写関係ないけど。はとよめ好きな人は是非。
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-12 03:28 | マンガ | Comments(2)

歴史漫画特集

なんだか最近おもしろいのが多いので紹介します。

◆ヒストリエ
横のおすすめ漫画のコーナーにかなり最初っからのっけてるくせに、そういえば紹介したことが無かったです。
これはかの名作、「寄生獣」を描いた岩明均さんの作品です。
「寄生獣」があまりに面白かったもんで、もうアレを越えるものは無かろうと思ってたんですが、
これを読んで「あー作品じゃなくやっぱり作者が凄かったんだな」と思わさせられましたね。
そういえば、「からくりサーカス」でも同じ事思ったなぁ。

お話は、古代ギリシャ時代のアレキサンダー大王の書記官、エウメネスの自伝。
ずいぶん波乱に満ちた人生だったようです。

絵が独特なんですよね。控え目で淡々としてるのに異常に迫力がある絵。。。
感情がありありと伝わってくるから、あまりなじみの無いはずの古代ギリシャの世界なのに、
あっという間に世界に引き込まれてしまいます。すごい。

難点は続きが出るのが遅いこと・・・
現在も月間アフタヌーンで連載をしているのですが、基本が隔月の上、
休載したりもするから下手すると1話読むのに4ヶ月待たなきゃいけなかったり。
4ヶ月もあったらあれですよ、ジャンプコミックなら2冊、フロムAなら34冊!
金なら1枚、銀なら5枚!
あと残酷なシーンもけっこうあるので、血がドバドバ出たりするのがダメな人は読めないかもしれないです。
現在単行本は3巻まで出ています。


◆へうげもの
去年の終わり頃に一巻が出たんですが、
早くも各所で今年面白かった作品ベスト○とかに挙げられているのを見かけたので気になってました。
読んでみたら面白い!!

へうげものとは、ふざけた奴だ。のような意味らしいです。
作者は山田芳裕
時は戦国、織田信長の配下で千利休の弟子、古田左介(後の古田織部)の視点から時代の流れを描いた物語です。
あんま自分は戦国には詳しくないんですが、描き方が凄い!!
こんな戦国物見たことありません。

主人公、古田佐介がとにかく趣味人なんですよ。
物欲と武士道の間で揺れる武人の生き様がダイナミックに描かれていて、気持ちがいいったら!
織田信長カッコええー!!
この作品の中では、宝が時代すら動かしてしまうんだけれども、ちょっと調べてみると実際にそういう側面もあったみたいですね。

山田芳裕の作品では、「度胸星」というSF漫画を前に読んだんですが、
これもまた過去に読んだSF漫画では見たことも無い凄い描写があって、ものすごい衝撃を受けたのを覚えています。
だが「度胸星」は打ち切り・・・話の途中でスッパリ終わっていて続きが気になってしょうがありません。
他には「デカスロン」っていうのがこの人の漫画では一番有名ならしいです。これは未読。


◇あと「ヴィンランドサガ」と「ナポレオン」も紹介したかったけど、思いのほか長くなってしまったので今回はこの辺にしておきます。
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-11 02:18 | マンガ | Comments(0)

アイランド

レンタルしてきて観ました。

ユアンかっこいいですね!
ていうかね、ブシェミが!またいい役で出てるんですよこれが!(*´д`*)フンガー
意味もなく性癖バレしてるし(笑)
いいキャラだなぁ・・・
アルマゲドンと同じ監督さんなんですね。

ストーリーはまぁ、ありがちというかなんというか、、
もうちょっと上手く料理できなかったのかなぁ。
題材的にはかなりいいものを使ってたのにもったいないなぁーというのが感想。
序盤の生活してるあたりはかなりドキドキしながら見てました。こういうの大好き。

あと、ちょっと出てくるエアバイクとか、機械の虫とかがやったらかっこよかった!!
メカ好きの人は必見かもしれないです。

まとめると・・あんま面白くなかったけど見所はすごくいっぱいあった!満足!
ってとこです。

ビャイン機能で下のほうにネタバレを書いてみます。主に不満点を。
こーやって使うのかぁ。。これは自分でブログ作んなきゃ分からないですな。

ネタバレ!
[PR]
by kenzy87 | 2006-02-10 15:42 | 映画 | Comments(2)


おことわる!
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧