とりとめがない



<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


それをどうして悲しいというの

924 "UP TO THE WORLD" FINAL
syrup16gのライブ。とうとう最後までチケットが取れず行けませんでした。
"UP TO THE WORLD" FINALという単語が気になって気になって。
ファンの間では「まさか解散!?」とか騒がれていたのですが、
終わってみるとそんなことは無く、普通にライブを行ったようで。
その日はひさびさの3人編成だったらしいです。見たかったなぁ。

東名阪ツアーが発表されて、ツアータイトルは「END ROLL」。
DEAD CAN DANCE→UP TO THE WORLD FINAL→END ROLL
って、これはまたもや死亡フラグ、、?

東京は12/9にNHKホールだそうです。
でかいな!埋まるのかな?まさか本当に解散しないよね?
まあ、行くけど。。なんだかんだいって大好きなのです。
[PR]
by kenzy87 | 2007-09-30 22:19 | 音楽 | Comments(0)

日本引きこもり協会のテーマ

えっ?この履歴書の3年間の空白ですか?
いや別にそのただずっと部屋でエロ動画集めてただけとかそんなわけじゃなくてあの・・・
そ、そのなんていうんですか、そう夢!
やっぱり夢とかやりたい事とか本当の自分とかを探してたっていうか
うっせえよ!別にやりたいことなんてなんにもねえんだよ!

welcome to the!welcome to the!
Nihon Hikikomori Kyokai!!!

なんですかこの天才集団は。

ようつべ版
ニコニコ版
[PR]
by kenzy87 | 2007-09-27 10:52 | 音楽 | Comments(0)

筋肉少女帯 新人ツアー(デビュー19周年) in 横浜BLITZ

筋肉少女帯!
復活してからというもの何度も何度もチケットを取ろうとしてはあまりの値段の高さに断念していたのですが、
今回、土壇場でチケットがとれたので行ってきました。
しかも、良番!!

復活して初の全国ツアー、その初日の会場は横浜ブリッツ!
グッズも買わずに最前エリアへ。
横浜ブリッツはステージが広い!
そして客層が、カオス・・・!!
いかにもビジュやメタル好きそうな派手な連中、ロックファン、ゴスロリ、サブカルっぽいの。
若者もいれば、リアルタイム世代であろうおっさんおばさん、おじいちゃん(!?)
そんなのがぎっしり!

念願の筋少の登場を待つ、、こんなに登場待ちでドキドキするのも久しぶりです。
登場とともに客席が詰まるとオーケンがすぐ目の前!
オーケン、特攻服かっこいいい!!
橘高はドレス!すげえ!回転するとスカートがぶわぁって!!(笑)
ウッチー!本城さんんん!!エディー!!

なーなーななーーな なーなーななーな なーなーななーな 仲直りーー!!!
この一曲目、メンバーのカッコよさとなーななの合唱にすっかり舞い上がってしまい、何故かライブ終盤まで「仲直りやんないなあ?」とか思ってました。バカだ!
オーケンのエアギターがとても印象に残っています。

「こんばんは!筋肉少女帯です!!」
そしてその勢いのまま始まった2曲目は、、
「1.2.3.4!」チャーラーラララーラーラー
ああああ!このイントロは!!ドルバッキー!!!
バッキーバッキードルバッキー!
モッシュゾーンはものすごい盛り上がり。
ドルバッキーの台詞はオーケンがエフェクトボイスで演じていました。

ここでちょっとMC。10年ぶりのツアーですとかなんとか。
筋少のライブ喋りがものすごく多い。と話に聞いていたんですがそれほどでもなかったような。
オーケンはさすがに喋りが面白いです。
いつかトークライブにも行ってみたい。。

「40過ぎてもこんな歌歌ってていいですかーー!?」
「知らないのか?納豆に!」とオーケンが叫ぶと!
「ネギを刻むとうまいんだーーー!!」と客が返す!
日本の米!!米米米米!!こめこめこめこめ!!
無駄にアツイ!!
それが終わると、印度化ですよ。「日本を印度に!」「しーてしまえ!!!」
カレーはなんて辛いんだーーー!!
熱すぎる!!!

開始からここまで、立て続けにアッパーな曲が来てもうヘロヘロだったんだけど、
この後しばらくは長めのMCや激しさ控えめな曲が続いて助かった・・・

「みんな新人は聞いてくれたかー!聞いてないやつはパッと見でわかるからな~?聞いてない人はバレないように大きく乗れよ!そんで一人だけタイミングずれろよ~」
「それじゃあこっからは新人の曲を!」

といって「モーレツア太郎」っておいぃぃぃ!
確かに新人の曲ではあるけど。
未使用!未使用!は燃えますね。
抜け忍・・・
間奏の間に忍者から受け取った刀で内田さんとチャンバラを演じたまでは良かったんだけど、その後、歌いながらオーケンちょっと笑ってた(笑)
照明から、曲から、寸劇から、、なんとも反応に困る曲です。
「なんともこのビミョウなかんじが、いいね」とその後のMCで言ってました(笑)

機械は嬉しかった!すごく短く感じた。
GuruもCDではそれほど好きではなかったんだけど、ライブで聴いてすごくいい曲だなとわかりました。

「バンドをやるってのは戦いなんだよ!何と戦うかわかるかー?」
との呼びかけに客席から「人生!人生!」こ、これはまさかアレが来るのか!?
しかし、オーケンの次の台詞・・・「違う!!筋肉痛だ!」
バトル野郎の前あたりだったと思う。肩透かし(笑)

最後のトリフィドもすごく良かった!!
なんだろう、再結成して新曲も作ると聞いた時に嬉しさとともに不安も少しあったけど、いい曲作るじゃん・・・感動した!
まぁ筋少が10年ぶりとはいえ、特撮やらソロやらありましたからね。

そしてアンコール。
メンバーは衣装換えして登場。オーケンは学ラン、橘高さんも違うドレス。
アコースティックで、おもちゃやめぐり、新人バンドのテーマ。
そしてヘドバン発電所。ここに持ってくるか!
もう疲れきっててあんまヘドバンできませんでした。橘高さんはあの髪を振り回すからすごい迫力。
大ラスは釈迦!!
うはああ!もうどうとでもなれえええ!!!

良いライブでした!
終わってみると2時間半。面白かったり、感動したり。濃かった!
この後はツアーで全国を回るそうなんですが、また行きたいなぁ。
まだ聴いてみたい曲もいっぱいあるし!

・オーケンが新宿歌舞伎町に行くと必ず職質を受ける。なんでですか?と聞いた所おまわりさんの答えは「パッと見です」。一人芝居面白かった(笑)
・おかげさまで「新人」なかなかのセールスです!でも同時期に出したアニメの主題歌はもっと売れてしまいました!すみません、すみません・・・
謝りだすオーケン。周りのメンバーから次々とピックを投げられる。「誰だって小銭は欲しいだろー!!」開き直るオーケン。コントか。
・この再結成がいつまで続くかわからない、ような事をなんどか仄めかしていた。なんだかなぁ。
・オーケン、何故かメンバー紹介を3回くらいしていました。一回、そこで橘高さんが決めポーズとともに大量のピックをばら撒いたのはカッコよかった・・・自分はちょうどその下にいたんだけどピックは拾えませんでした。というか周りの人がいっせいに押し寄せて雪崩がおきた。危ない。
・オーケンはライブ中にやたらと赤と白の旗を振ってたんだけど、後半で「陰陽座の扇子がいいなぁと思って作ったんだけど、、」。えーー!?(笑)
・エディ!エディ!と何度もエディコールが!エディすごい人気! 今の所サポートメンバーらしいです。
・「君たち!筋少を好きになると、道を踏み外すぞ!?いいじゃないか、その代わり熱い興奮を得られるなら!」
・アップが遅い上にすごく長くなってしました・・・でもなんか思い出したら追記するかも。


2007.9.16 筋肉少女帯 新人ツアー(デビュー19周年) in 横浜BLITZ セットリスト
仲直りのテーマ
暴いておやりよドルバッキー
日本の米
日本印度化計画
君よ!俺で変われ
モーレツア太郎
未使用引換券
抜け忍
機械
その後or続き
Guru最終形
踊るダメ人間
バトル野郎~100万人の兄貴~
イワンのばか
これでいいのだ
トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
(アンコール)
おもちゃやめぐり
新人バンドのテーマ
ヘドバン発電所
トゥルーロマンス
釈迦
[PR]
by kenzy87 | 2007-09-26 08:31 | 音楽 | Comments(2)

VOLAPOLYLOCALS in SHIBUYA-AX

ボラとポリとローカルズだから、VOLAPOLYLOCALS。なんて素敵イベント。
絶対ファン層かぶってると思うんだけど、この組み合わせは意外にもありそうでなかったらしいです。
会場はおなじみ渋谷AX!
しかもM-ONで生放送!録画忘れた!

最初はVOLA。VOLAは見るたびにカッコよくなってる気がします。OPのORIENTAL MACHINEに続くメヒコ!
最高の流れ!アヒトが立ったままドラムをバシバシ!銅鑼!
「こんばんはボラ アンド ジ オリエンタルマシーンです。こんばんはボラ アンド ジ オリエンタルマシーンです。こんばんは。ボラ アンド ジ オリエンタルマシーンです。」
comeback in darknessはアレンジが全然違ってかっこよかった!ミラーボールも回っていい雰囲気。
ルインで大いに盛り上がった後、最後の曲は新曲?初めて聴く曲でした。
アヒトのクネクネダンスが相変わらず変態チックで良かったです。

2番手はポリ!どうやらタイトルどおりの順番らしい。
最前ゾーン、フミさんの前を確保!
みんな微妙に髪型変わってたけど、フミ姐さんはまたパーマがかかってフワフワになってた。
久々に見た1曲目の「P!」
テンションだだ上がり。
2曲目のシーラカンスですでにギターの弦が切れてビヨンビヨンになってました。なんという気迫!
アージオンも久々に聞いたかも。かっこいい!rack rackは初めて生で聞いたかも?
というか、下に書いたセットリスト見てわかるとおり、最新アルバムの曲がほとんど無かったです。
嬉しいような、さみしいような。
いつもよりやや短めのオアダイでは「ボラポリローカルズ、アヒトイナザワ、アベコウセイ、俺ハヤシ」でした。俺ハヤシて(笑)

3番手、スパルタローカルズ!
ほとんど曲は知らないんですが、わりと好きです。
ノリノリのSEにノッて、横歩きで登場。面白い(笑)
アグレッシブでヘンテコなロックを堪能しました。楽しい!

3バンドが終わって、アンコールをしていると、なんだかマイクと楽器が次々に運ばれてきました。
ま、まさか、、セッション!?
そして、3バンドのメンバーがぞろぞろと。ポリメンバーは水兵服!
コウセイ「こういう時、ポリシックスずるいよね。」
ハヤシ「えー・・・セッティング終わるまで会話で繋いでくれって言われたんだけど・・・これだけ喋れないボーカルが揃うのも珍しいよね」
そんなかんじでグダグダな会話(笑)
そして喋らないアヒト(笑)

「なにやる?」「今決めます!」「この3バンドに共通する曲・・・」「ジュリーじゃね?」「!」「!」

で、、メンバー全員で「トーーキーーオ!」
これはいいお祭り騒ぎ・・・!
なんか後ろでチョップしてる中畑さん!!(笑)
ヤノは白いタンバリン叩いてるし!!
楽しかったぁぁ!!

2007.9.15 VOLAPOLYLOCALS in SHIBUYA-AX セットリスト
■VOLA & THE ORIENTAL MACHINE
ORIENTAL MACHINE
Mexico Pub
Principle of machine
comeback in darkness(アレンジver.)
ト☆キ☆メ☆イ☆テ★tonight flight
A communication refusal desire
Song of Ruin
新曲

■POLYSICS
P!
シーラカンスイズアンドロイド
アージオン
ラックラック
アイマイミーマイン
ロケット(新曲)
ポリシックス オア ダイ!
ベイビーバイアス
カジャカジャグー
テイテイテイ
ピーチパイオンザビーチ
ニューウェイブジャケット
[PR]
by kenzy87 | 2007-09-20 20:41 | 音楽 | Comments(0)

the pillows Wake up! Tour in SHIBUYA-AX

台風直撃真っ只中でのpillowsワンマン。さすがpillows。
以下ネタバレあります!

ステージにひな壇があって、シンちゃんがやたら高い位置に!
どうみても奉られてます(笑)
さらに、序盤で降りてきた、pillowsロゴの電飾。ご、後光が!!

さわお「今回は、ちょっとお金をかけてみました!!でも、この階段とかあるけどどうやって使ったらいいんだろうな?JIRO君に電話して聞いてみようかな」

客「しんちゃん超見えるー!」
さわお「え、なんだって?え、ああ、そうですね」
シンちゃん「ここは太陽に近いので暑いです。」
さわお冷たいww

「しかし最近は、本当変わり者が増えたよな。前からいい歌歌ってんだけどな・・・今日のライブもソルドアウトだって」
「ずっと何度もCDで聴いていた好きな曲が、ガラっとアレンジ変ってたりする時って、大抵ガッカリするよな!でもやる!」
といって、Black sheep。アレンジが違うっていうよりほとんど別の曲!?
明るい曲に変わっていてびっくり!

リトルバスターズでは、「カモン!リトルバスターズ!」
の掛け声とともにステージ奥に突然ムクムクと現れる3匹の巨大バスター君!!
すげえーー!!!
さわお、曲の終わりに客席に背を向け両手でガッツポーズ!!

「思えば九年前、このバスター君ってキャラクターが生まれてから、いつかはライブ中に巨大なバスター君を出したいと思ってて、それがやっと叶った!」
「今度は、両手が動くやつがいいな!」
うれしそうなさわお。
おもわずこっちまでニヤニヤ。キモイ。

YOUNGSTER、CDで聴いた時から想像してはいたんだけれど、やはり楽しい!
タンタン、タタン、タンタタンタタタン!
そうそう、最初のアンコールをしている時のSEもYOUNGSTERで、みんな手拍子がつられてて笑ってしいました。

アルバムが出てからはフェスでしかpillowsを見てなかったので、ウェイクアップ!の曲達がやっと生で聴けて嬉しかったです。
プライベート・キングダムが好きなんです。

最後はこれはもう予定調和とでもなんとでも名曲すぎるからいいんです。
「can you feel?」
やっぱりピロウズ最高!

2007.9.5 the pillows Wake up! Tour in SHIBUYA-AX セットリスト
01,Wake up! dodo
02,Skinny Blues
03,I know you
04,ターミナル ヘブンズ ロック
05,プロポーズ
06,空中レジスター
07,Ladybird girl
08,シリアス・プラン
09,プライベート・キングダム
10,つよがり(ミスチルのカバー)
11,like a lovesong
12,MY FOOT
13,Black sheep
14,BOAT HOUSE
15,girls don't cry
16,Midnight Down
17,サードアイ
18,Century Creepers
19,リトルバスターズ
20,プレジャー・ソング
21,YOUNGSTER
22,Rock'n'roll Sinners

en.1
23,Ride on shooting star
24,スケアクロウ
25,sweet baggy days

en.2
26,ハイブリッドレインボウ
[PR]
by kenzy87 | 2007-09-10 03:10 | 音楽 | Comments(2)


おことわる!
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧