とりとめがない



3月の気になるコミック

03/03 ヒナまつり 8 大武 政夫
03/04 ワールドトリガー 10 葦原 大介
03/04 World 4u_ 1 江尻 立真
03/04 門番カエルはしゃがみたい 1 レツ
03/04 れっつ!ハイキュー!? 1 レツ
03/06 侵略!イカ娘 19 安部 真弘
03/06 みつどもえ 15 桜井 のりお
03/06 昭和元禄落語心中 7 雲田 はるこ
03/09 ベアゲルター 2 沙村 広明
03/17 ベイビーステップ 34 勝木 光
03/18 だがしかし 2 コトヤマ
03/19 阿部洋一短編集 オニクジョ 阿部 洋一
03/23 蜜の島 4 小池 ノクト
03/23 おやこっこ 上巻 武田 一義
03/23 おやこっこ 下巻 武田 一義
03/25 わがままちえちゃん 志村 貴子
03/25 ナナのリテラシー 3 鈴木 みそ
03/25 かくかくしかじか 5(完) 東村 アキコ
03/28 ReLIFE 3 夜宵草
03/30 ちいさこべえ 4 望月 ミネタロウ
03/下 ゲート 自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 6 竿尾 悟/柳内 たくみ

2月はけっこう少なめだったけど3月は多い。落語心中待ってたー!
そしてレツ先生の新作2本!門番カエル連載終わっちゃったけど2巻出るのかな。。
かくかくしかじかが完結。いい漫画だったな。

[PR]
# by kenzy87 | 2015-03-07 23:15 | 私的メモ | Comments(0)

2月の気になるコミック

02/10 失恋ショコラティエ 9(完) 水城 せとな
02/14 乙嫁語り 7 森 薫
02/14 不死の猟犬 2 八十八 良
02/19 ジョジョリオン 9 荒木 飛呂彦
02/19 娘の家出 2 志村 貴子
02/19 ゴールデンカムイ 2 野田 サトル
02/19 デストロ246 5 高橋 慶太郎
02/20 エクゾスカル零 8(完) 山口 貴由
02/23 デンキ街の本屋さん 9 水あさと
02/23 いぬやしき 3 奥 浩哉
02/23 聖☆おにいさん 11 中村 光
02/23 独身OLのすべて 2 まずりん
02/23 フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 2 恵 三朗/草水 敏
02/27 機械仕掛けの愛 3 業田 良家
02/27 あさひなぐ 14 こざき 亜衣

乙嫁はなんかもうほんと眼福・・・
最近はゴールデンカムイとフラジャイルがきてますね。
機械仕掛けの愛は良質な短編SF集なので今回も楽しみ。

[PR]
# by kenzy87 | 2015-02-27 23:05 | 私的メモ | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。
ほとんど新刊メモと化していますが、ライブレポもたまにはあげたいです。
今年の年越しはひさびさカウントダウンジャパン行きました。見たいバンドが少い上に被りが酷かったけどそれなりに楽しめました。
新譜もかっこよかった、ストレイテナーがライブもやはりとてもよかったです。
年越しはやついいちろうDJで1万人規模のショートコントに参加したりしました。
本年も宜しくお願いします。

[PR]
# by kenzy87 | 2015-01-02 21:08 | Comments(0)

1月の気になるコミック

01/05 ワールドトリガー 9 葦原 大介
01/05 青の祓魔師 14 加藤 和恵
01/05 僕のヒーローアカデミア 2 堀越 耕平
01/07 純潔のマリア exhibition 石川 雅之
01/07 スパイの歩き方 速水 螺旋人
01/15 ハクメイとミコチ 3 樫木 祐人
01/15 ダンジョン飯 1 九井 諒子
01/20 姑獲鳥の夏 4 志水 アキ/京極 夏彦
01/20 嘘解きレトリック 4 都戸 利津
01/22 はんだくん 3 ヨシノ サツキ
01/23 コトノバドライブ 1 芦奈野 ひとし
01/23 繕い裁つ人 6 池辺 葵
01/23 ハルロック 3 西餅
01/24 砂ぼうず 16 うすね 正俊
01/24 わがままちえちゃん 1 志村 貴子
01/24 私を連れて逃げて、お願い 1 松田 洋子
01/24 ACCA13区監察課 3 オノ・ナツメ
01/24 +チック姉さん 8 栗井茶

ダンジョン飯も単行本化!九井さんの漫画がコンスタントに読めてうれしいです。
砂ぼうずってまだ単行本でるんだなぁ・・・

[PR]
# by kenzy87 | 2015-01-01 22:02 | 私的メモ | Comments(0)

12月の気になるコミック

12/02 しゃばけ漫画 佐助の巻 アンソロジー/畠中 恵
12/02 しゃばけ漫画 仁吉の巻 アンソロジー/畠中 恵
12/04 いいよね!米澤先生 地獄のミサワ
12/04 ワンパンマン 7 村田 雄介/ONE
12/04 エンバーミング 9 和月 伸宏
12/05 戦闘破壊学園ダンゲロス 7 横田 卓馬/架神 恭介
12/08 弱虫ペダル 37 渡辺 航
12/09 マコちゃんのリップクリーム 11 尾玉 なみえ
12/10 死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々 1 阿部 共実
12/10 おかえりなさいサナギさん 1 施川 ユウキ
12/10 ベルリンは鐘 1 ニャロメロン
12/10 7SEEDS 28 田村 由美
12/12 ノブナガン 5 久 正人
12/17 聲の形 7 大今 良時
12/17 せっかち伯爵と時間どろぼう 5 久米田 康治
12/18 BIRDMEN 4 田辺 イエロウ
12/19 福島鉄平短編集 アマリリス 福島 鉄平
12/19 福島鉄平短編集 スイミング 福島 鉄平
12/19 かくりよものがたり 6 藤崎 竜
12/22 大砲とスタンプ 4 速水 螺旋人
12/22 決してマネしないでください。 1 蛇蔵
12/25 WORKING!! 13(完) 高津 カリノ
12/26 とめはねっ!鈴里高校書道部 13 河合 克敏
12/26 アイアムアヒーロー 16 花沢 健吾
12/26 タイニーマイティボーイ 大石 まさる
12/26 ライプニッツ 大石 まさる
12/29 さようならむつきちゃん 磯谷 友紀

とうとうマコちゃんのリップクリームがKANKETSU・・・!長い連載だった・・・!もう打ち切りクイーンとは呼べないですね、おめでとうなみえ!
そして2014年最大級ともいえる衝撃をあたえてくれたアマリリスがとうとう単行本に。待ってた!少年誌のあちこちで書いてた短編ももう一冊にまとめられて同時発売。楽しみ!

[PR]
# by kenzy87 | 2014-12-01 21:47 | 私的メモ | Comments(0)

11月の気になるコミック

11/04 僕のヒーローアカデミア 1 堀越 耕平
11/07 よっけ家族 2 宇仁田 ゆみ
11/10 さんすくみ 9 絹田 村子
11/12 タケヲちゃん物怪録 7 とよ田 みのる
11/12 からかい上手の高木さん 2 山本 崇一朗
11/12 ふだつきのキョーコちゃん 3 山本 崇一朗
11/12 ノブナガン 5 久 正人
11/13 第七女子会彷徨 8 つばな
11/15 犬神姫にくちづけ 5 宮田 紘次
11/17 ベイビーステップ 33 勝木 光
11/19 ぎんぎつね 11 落合 さより
11/21 白馬のお嫁さん 1 庄司 創
11/21 フラジャイル 1 恵 三朗/草水 敏
11/22 おしえて! ギャル子ちゃん 鈴木 健也
11/25 エバーアフター えすとえむ
11/29 スピリットサークル 4 水上 悟志

タケヲちゃんも最終巻。ここの所いろいろと最終巻が続いている気がします。
七女、スピリットサークルも楽しみです。

[PR]
# by kenzy87 | 2014-11-03 21:21 | 私的メモ | Comments(0)

10月の気になるコミック

10/03 ワールドトリガー 8 葦原 大介
10/03 ギャグマンガ日和 15 増田 こうすけ
10/08 弱虫ペダル 36 渡辺 航
10/10 うせもの宿 1 穂積
10/11 アリスと蔵六 4 今井 哲也
10/14 狼の口 ヴォルフスムント 6 久慈 光久
10/17 ましろのおと 12 羅川 真里茂
10/17 ジョジョリオン 8 荒木 飛呂彦
10/17 ぎんぎつね 11 落合 さより
10/20 ただいまのうた 7(完) ふじもと ゆうき
10/23 高杉さん家のおべんとう 9 柳原 望
10/23 アイリウム 小出 もと貴
10/23 月に吠えらんねえ 2 清家 雪子
10/23 ハルロック 2 西餅
10/23 天地明察 7 槇 えびし/冲方 丁
10/23 累 4 松浦 だるま
10/23 ヴィンランド・サガ 15 幸村 誠
10/24 姑獲鳥の夏 3 志水 アキ/京極 夏彦
10/27 ドリフターズ 4 平野 耕太
10/30 あさひなぐ 13 こざき 亜衣
10/30 すみれファンファーレ 5 松島 直子

ワールドトリガーは2か月連続刊行。葦原先生のお身体が心配!
ドリフターズ!!!!待ってた!!!!
うせもの宿はさよならソルシエの作者の新作なので期待。


[PR]
# by kenzy87 | 2014-10-21 21:58 | 私的メモ | Comments(0)

9月の気になるコミック

09/04 ワールドトリガー 7 葦原 大介
09/08 木曜日のフルット 4 石黒 正数
09/09 BTOOOM! 15 井上 淳哉
09/12 銀のスプーン 10 小沢 真理
09/13 ヒナまつり 7 大武 政夫
09/13 シャーリー 2 森 薫
09/19 かくりよものがたり 5 藤崎 竜
09/22 就職難!! ゾンビ取りガール 2 福満 しげゆき
09/22 ばらかもん 10 ヨシノ サツキ
09/22 はんだくん 2 ヨシノ サツキ
09/22 ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 5 笹尾 悟/柳内 たくみ
09/23 34歳無職さん 5 いけだ たかし
09/23 デンキ街の本屋さん 8 水 あさと
09/24 ナナのリテラシー 2 鈴木 みそ
09/25 脳内ポイズンベリー 4 水城 せとな
09/30 シュトヘル 10 伊藤 悠
09/30 花もて語れ 13 片山 ユキヲ/東 百道
09/30 ニッケルオデオン 青 道満 晴明
09/30 重版出来! 4 松田 奈緒子
09/30 それでも町は廻っている 13 石黒 正数
09/30 ガーゴイル 2 近藤 るるる/冲方 丁

シャーリーの2巻!11年ぶりだそうです。
花もて語れはたしか最終巻?ニッケルオデオンも完結しますね~楽しみ!

[PR]
# by kenzy87 | 2014-09-28 20:42 | 私的メモ | Comments(0)

RISING SUN ROCK FESTIVAL2014 二日目


8/16〜8/17
◆初日と同じく札幌のホテルから麻生駅、シャトルバスで会場へ。
2日目は再入場口から入れたので並ばずにまっすぐ会場に入れました。楽ちん。1日目よりもいい天気で、日差しがキツいくらい!エリアによっては結構な砂埃が舞っていたのでマスクが欲しくなりました。
拠点とするべくレジャーシート待機列に並んだのですが、ステージ前にこだわらなければ別に解放前から並ばなくてもよかったかも。

■Scoobie Do RED STAR CAFE
スクービードゥ、なんと2日目は小さいけれどちゃんとステージを与えられての参加!こちらも急遽決まったみたい。粋な計らい。
リハーサルでライドンタイム、そのまま本編へ突入「ときめいたらそこへ行け」まさに今回のスクービーのテーマ曲のようなバンドワゴンアゴーゴー、GET UP、真夜中のダンスホール、ラストナンバー、新曲の結晶、やっぱ音楽は素晴らしい、夕焼けのメロディー、、最高のセットリストで朝から野外で踊りまくり!オマケみたいなステージでメンバーとの距離も近くて幸福感溢れる最高のステージでした。来てくれてありがとう!感謝!

■エレファントカシマシ SUNステージ
ちゃんと見るのは久々で、復活してからは初だったけど以前と変わらぬ堂々とした全身全霊のパフォーマンスでした。ひたすら広大なSUNステージで晴れ渡った青い空の下で聞くエレカシ、最高です。MCは少なかったけど暴れん坊ぶりはいつも以上だったかも。
セットリストがすごく良くて。悲しみの果て、今宵の月のように、笑顔の未来へ、俺たちの明日、と定番曲は大体やってくれました。デーデが聞けたのは嬉しかった。金があればいい〜!珍しいのではBLUE DAYS、ハナウタなど。「この曲、いい曲だなって思ったのでやります」で風に吹かれて、うん、いい曲だ。ガストロンジャーでは人のベース取り上げて弾きまくり。ラストはファイティングマン!
(客席を見渡して)「みんないい顔してるぜ、よく見えないけど」

■電撃ネットワーク RAINBOW SHANGRI-RA
最高にイカれた野郎どもを見にレッドステージの奥のテントステージへ。エレカシと若干被ってたので序盤のいくつかは見れず。駆けつけると中規模のテントからは人が溢れていました。ひとつひとつレポるとすごく長くなってしまいそうなのでざっと書き出すと、
ドライアイス大好き
生きたサソリ食い
耳にホチキス、尻にダーツ
おでこフルーチェ
溶けた蝋
ドラゴン花火
ぶっ潰し野郎
目から牛乳
睾丸男
メントスコーラ
ペットボトル爆弾

詳細はお察し。
メントスコーラでは以前天井の機材壊して93万の罰金払ったとか、、、そんなリスクをおかして飲んだその味の感想は!?→「ペプシのほうがうまい」
睾丸男、南部さんが褌をめくるたびにモニターに大写しになるソレ。「今だけは写メ勘弁してくれ!」
睾丸男vsバイク。「お前は、このバイクと勝負できんのか!どうなんだー!」さあその返事は?ドキドキ、、、→「そのためにここに来た」かっ、かーっこいいい!!!
泣き叫ぶ子供!飛び散るキッチンハイター!降り注ぐ火花!炸裂するドライアイス!最高にロックでした。爆笑!

■SPECIAL OTHERS RED STAR FIELD
散々笑ったあとはまったりスペアザ、、、さっきまでとのギャップがひどい。スペアザは野外フェスだとなおさら気持ちいいです。ちょっと晴れ過ぎてて日差しがきつかったけど。最後は安定のAIMSで気持ち良く踊れました。

■9mm parabellum bullet SUNステージ
休憩がてらのんびり。相変わらずいい声していてかっこよかったです。ちょっと9mmは客層が苦手・・・なので遠巻きに観れたのもよかったです。聞いたことある曲ばかりでした。

■東京スカパラダイスオーケストラ SUNステージ
スペアザもそうだけど、こんなにフェスの似合うバンドもそうそうない。ロックフェスといえばスカパラみたいなとこ、ある。ライジングサンでのスカパラなんて、約束された勝利のなんとやら!ましてゲストでヒロトやチバが出たりして・・・なんて期待も微かに。(まぁ出なかったけど)
007のテーマで緊張感のある出だしから始まり、徐々にテンション上がっていって中盤でDOWN BEAT STOMPで大盛り上がりしたあたりで離脱。もっと居たいけどpillowsが始まってしまう。SUNとearthは隣なのでまだ近いほうです。歩きながらモンパチがゲスト参加してるのが聞こえました。その後はゴッチ(アジカン)も参加したみたい。楽しかった!このへんで二日目も日が沈んできたけれどまだまだ先は長い。

■the pillows EARTHテント
「久しぶりじゃないか!」ほんとそれ!1曲目はトリップダンサー。珍しい。と思ったらそこから、その未来は今、アナモニ、ブルドラ、こんど出る新曲About A Rock'n'Roll Bandを挟みつつ、アイノウユー、ファニバニ、バビロン、スケアクロウ、うわあああどれも大好きな曲ばかり、、、アナザーモーニングが聴けたのも嬉しかったけど、バビロンやアイノウユーまで聴けるとは、、、どちらも前はよくやってた。
アナザーモーニング絡みのMCでは、今日はシンイチロウさんの50歳の誕生日です、との発表。シンちゃん曰く「今後は年齢非公開にします」さわおさん「非公開でもいいけど、それだと60歳くらいに思われるんじゃない?」
後半は、この世の果てまで、ハイブリッドレインボウ、で終わらず最後にAdvice!
全体的に古めですごく嬉しいセットリストでした。

■UA RED STAR FIELD
以前もRSRの同じステージでUAを見た気がする。赤いステージがよく似合っています。ノースリーブの薄着で寒そうに見えました。てか寒かった・・・。妖しい歌声が沁みました。

■dragon ash SUNステージ
時刻は23時。休憩がてら、この辺はおとなしくステージ前のレジャーシートから眺めていました。降谷さん上半身裸だったけど寒くはなさそうでした。ドラゴンアッシュは流行ってた頃のしか知らないんだけど、グレイトフルデイズも陽はまたのぼりくりかえすも、やってくれなかったな。FANTASISTAはやってくれました。かっこよかった!

■サカナクション SUNステージ
そのままサカナクション。あまり野外で見るようなバンドではなく、どちらかといえばクラブハウスで聞くような音楽だよな、、、なんて心配もしてたんですが、蓋を開けてみれば野外の広大なスペースをクラブハウスにしてしまうという逆転の発想!ゴイスー!プロジェクションマッピングかな、飛び交うレーザー光が広いステージをデコレーションしててかっこよかった!!
VJが凝ってた電気グルーヴでさえ、巨大モニターの枠内での演出でしたよ。
曲はあめ!から始まり、ミュージック、サンプル、バッハをクラブリミックスで淡々と演奏。
後半の三日月サンセット、空には(三日月ではなかったけど)月もでていて、こんな環境で大好きな曲を聴ける事に感動。。。アイデンティティはリミックスではなく普通の演奏でかっこよかった。
曲数も少なく、アルクなどの有名曲もあまりやらず、あってもリミックスされてたりと、クラブ寄りなセトリだった事で、だいぶ賛否が分かれてるようです、、、まあ、確かにお祭り感はあまり無かったけど。良かったよ!

■アルカラ earthテント
始まったのが夜中の3時。アースのトリ!音合わせ、レモン爆弾、踊れやフリーダを演奏し、そのまま本編へ突入。癇癪玉のお宮ちゃん。チクショーは、ライジングサンでつい寝過ごしてしまった人の気持ちだそうです。最新アルバムからの王様と機関車、聴けて嬉しかった!最初は笑ってしまったけど実はいい曲。
あいかわらずタイスケはよくしゃべる。「おーいおーい北海道〜北海道〜、はいせーの!」と20年前のCMの歌を客に強要(笑)
夢見る少女でいたい、わ、ダメだよ、アブノーマルが足りない、など。
タイスケもちょいちょい気にはしていたみたいだけど、さすがに日の出までは引っ張れませんでした。
最後はアンコール、交差点はルナシーバージョンでした。うぇい!

◆フィッシュマンズの歌を遠くに聴きながら、今年もライジングサンの陽が登ります。それはもう美しい朝日!
天候にも恵まれ、最高の2.5日でした。ありがとうライジングサン!!また来たい!!
f0058709_21462748.jpg
f0058709_21491452.jpg


[PR]
# by kenzy87 | 2014-09-04 21:27 | 音楽 | Comments(2)

RISING SUN ROCK FESTIVAL2014 一日目

行ってきましたRisingu Sun Rock Festival。
今年はキャンプを取らずに、札幌市内に宿を取っての通し参戦。
そりゃあキャンプのほうが楽しいし、ホテル泊は移動時間のロスや夜間ライブが見れないなどデメリットもあるのだけれど、お風呂に入れて温かい布団で寝ると次の日の疲労度がぜんぜん違うのだー!!

◆8/15(金)
朝のシャトルバスで会場に着。バス始発時間ちょっと前くらいから並んだけど、シャトルバスはじゃんじゃか出ていたのでほとんどストレスなく乗れました。
晴れてるけど雲が多く出ていて、フェスには絶好の天気。
基本的には暑いけど冷たい風が涼しくてさすが北海道。

開場前に着いてたから9時半くらいか、ひたすら長ーい入場待機列に並んでいると、、門の前の特設ステージでScoobie doがウェルカムライブをやっていました。これが凄い話で、ほんの数日前に、今回ラインナップとして呼ばれてないのにメンバー全員で楽器もって行くことに決めて、その上グッズまで作って、ライブさせてください!と運営に直談判して結局承諾されたという。さすが我らがファンキー4、そのライジング魂に拍手!
これ、会場に入ってすぐの所だと勝手に思いこんでいて諦めていたんだけど、会場に入る前のところでやってたんですね。知ってたら入場遅らせてフルで見てたかもしれない・・・結局見れたのは近くを通った時に数曲だけだったけど後方の列にも見えるように後ろ向いてくれたりして、夏でもやっぱりスーツ姿で、本当にかっこよかった。

■レキシ SUNステージ
予備知識なしで怒髪天増子さんがゲスト出演するらしいと聞いて参加。
着いてみるとなんかファン層がおかしい、というか面白い。米俵担いでたり、戦国武将のノボリを掲げてたり、稲穂持ってるし、みんな和装プリントの変なTシャツだし、、、
出囃子でもうだいたい納得。曲はたったの5曲で、あとは面白いことを喋ってるだけなんですが、日本史絡みの歌詞を確かな演奏とメロディで歌い上げるバンドでした。共感を得る気ゼロなのが清々しい!
ゲストの増子さんもやついいちろうもBOSEも面白かったしほぼコントを見てるようで面白かったです。もうほんとね、、、これで曲が良いからなんかズルい!人気あるのにも納得しました。
「ありの〜ままの~稲穂になるのよ〜」

■武藤昭平withウエノコウジ RED STAR CAFE
レッドステージの端にある、カフェに併設された小さなステージ。
ウエノのビンビンなベースと武藤ショウヘイヘイさんの掠れ声、たまらなくカッコよかったです。MCはゆるめで、ウエノ曰く売れる曲の作り方がわかったそうで「さくら、クリスマス、とか季節色、あとは沖縄、とか地方色、この辺入れとけば売れる」らしい。からの、大ヒット間違いなしの新曲が「午前5時に警察から電話、またあの人が酔って喧嘩したのかしら」みたいな歌でした。
最後から2曲目くらいの時、すぐ隣のステージで次のアクトのストレイテナーが音響チェックでキラーチューンを演奏し始めて、最近こういうシチュエーションよく見るしサービスでやってるんだろうけど爆音で隣のステージの演奏かき消すのはうーん・・・などと思ってしまいました。(まぁ自分は隣のステージにダッシュして踊ってたけどね、、、)

■ストレイテナー RED STAR FIELD
音合わせのキラーチューンで客席のボルテージは上がりっぱなしだった状態から始まったストレイテナー、本編はSAD〜から始まり、メロディックストームやLITTLE MISS WEEKENDなんかもあったけど全体的にはしっとり目のセットリストだったような。昼間に野外で聴くシンクロもこれはこれでいいもの、、、ラストはFrom Noon Till Dawn(soil&"pimp" sessionsの2人付き!)から、yes,sir!
陽が落ちてくる頃に終了。
真夏とはいえ、少し寒くなってきました。

■フラワーカンパニーズ EARTHテント
次のa flood of circleを泣く泣く諦め、アーステントへ。
グレートマエカワさんのオーバーオールがキラキラしていて、人間ミラーボールでした。ファンからアイディアを募ったものを実際に作ったらしい。脳内百景が聞けて楽しかった!深夜高速もやっぱりすごく良かったんだけど、それ聞いて満足して帰る客がちらほら、、、その次のエンドロールもすごく良かったのに勿体無い。ラストは真冬の盆踊りでヨサホイのホイ!楽しい!

■電気グルーヴ SUNステージ
フラカン終了からほぼ同時ぐらいに隣のSUNステージでは電気グルーヴのステージが始まっていました。ハローミスターモンキーマジックオーケストラから始まり、ズーデサイアやモノノケダンスなど。中盤のスマイレススマイルからは有名曲ラッシュで、観客のハートをがっしり掴んでいました。Nothing's Gonna Change 、ガリガリ君、フラッシュバックディスコ、Shangri-La、あすなろサンシャイン、N.O。ラストの富士山は着ぐるみはなく、頭に富士山ペイントのカラーコーンを冠ってひたすら「ふ!じ!さーん!!」の大合唱。ステージを包むバカすぎる一体感!楽しかったけどNIJIも聞きたかったな・・・

■The Birthday RED STAR FIELD
電気グルーヴと半分被っていたので、途中から。移動時間もあって後半の4曲だけ。涙がこぼれそうを聞けたのでよし!貫禄がありますね。けして外れない安定感。ニューアルバムのクソッタレの世界、come togetherも安定してかっこいい。birthdayは夜に野外で聴くのが最高だ。。星が出てたらなお良かったんだけど曇ってました。

◆ブンサテやら、ヒロトとマーシーも参加していたセッション企画等に後ろ髪ひかれつつ、シャトルバスで麻生駅、そこから電車で札幌にもどりました。
バースデイ終わりが22:30頃で終バスが23時までとギリギリの時間帯で、最悪間に合わなかったらタクシーに切り替えるのも覚悟でバースデイ最後まで見てたんですが、帰りもバスがじゃんじゃか出ていたおかげでなんとか間に合いました。
実際には23時を過ぎてもバスは少し出ていて、でも麻生の終電には間に合わないかもよ、という運行だったみたい・・・?
8月半ばとはいえ札幌の夜はだいぶ寒かった。Tシャツ、薄いパーカー、コロンビアのレインコートでちょうどいいくらい。

つづく。
[PR]
# by kenzy87 | 2014-08-26 23:30 | 音楽 | Comments(0)


おことわる!
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
CD・DVD
漫画・完結
漫画・続刊中
リンク
最新のコメント
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧